2017年07月05日

もし金田一京助という国語学者がいなかったら、戦後日本語の仮名はローマ字に変えられていた?

1970年代か80年代生まれまでの方なら、ワイン色で束が三センチくらいの厚さ国語辞典のご厄介になったことだと推測しますが、その辞書の束には、必ずといっていい金田一京介の名前が書いてあったはず。
金田一京助は、盛岡生まれ、石川啄木と三つ年下で憧れの啄木と東京住まいを1年もしたことがあるが、日本語学者であり、アイヌ語の研究に費やして、アイヌ文化最高の叙事詩ユーカラを日本語に訳したことでも有名。
今朝は、家族の肖像という番組で親子三代、学者それも日本語学者となった金田一京助、春彦、秀穂たちのドキュメント再放送構成を観た。
 父への反発や、研究テーマに独自の道を切り開く経緯、家族愛などが描かれているが、なんと言ってもそれぞれの研究のユニークさと発見の素晴らしさだ。 
戦後 GHQアメリカ占領軍は、「日本語の複雑さが、民主的な国作りの妨げになる」などと、とんでもないへ理屈をつけて仮名文字をローマ字表記にせよとの通達があった。これに対して、金田一京助は、そうではなく、かなのふり方を発音通りにするという提案をして、現代仮名づかい、漢字も旧漢字から当用漢字を作って限定使用としたことである。ローマ字表記になっていたら、古典を読むのが今よりももっと困難になり、日本文化の混乱と崩壊を招くことになっていたに違いない。
 親が学者だからといって学者を継がないといけない職業ではない。たまたま学者が続いても研究がそのまま継承する専門とは限らない。家族ぐるみで継承しないと家や芸や技術が伝承されない、成り立たないという歌舞伎など古典芸能、和菓子、呉服、織物染物などとは異なるのに、三代も続いていることが驚異である。しかし、その一家族だけの問題ではないという認識がこの番組で分かったのでみなさんにも広めたい、再放送があれば是非観ていただきたい。既に音楽大学でも教養科目としてもあるでしょうが、若い音楽家、声楽家、作曲家の方々に多いに興味を持たれるにちがいない。金田一京助、春彦の日本語研究が、日本人の日常にも実は大変な関係があった学者なのだと、今更ながら驚嘆する番組だった。
春彦は、音楽が好きで本居長世(本居宣長の家系で作曲家)に教えを請い、作曲家になりたかったが、その才がない事を悟り、父が未踏の日本語発音の研究をはじめたのが戦前だった。日本各地での現地調査とは、住民にひとつ一つ言葉を発してもらって、地道に統計をとる作業である。 例えば、山、犬、色 の類は、 二音目の音が上がるのは、東京首都圏。
また山の二音目が下がると必ず、犬も色も下がるグループが関西近畿圏がそうであることが、はっきりした現象であると今も定説になっているのだ。このような分類は、そう簡単にできるものではない。しかし言語を科学として体系を作っていくことが言葉と民族に取ってすごく大事なことなのだということを噛み締めておく必要があるだろう。決して狭い意味での政治に利用されることがないように。
IMG_6427.JPG
IMG_6429.JPG
posted by きりん at 13:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常発見つれづれ草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月26日

大阪といえば塩昆布 とろろ昆布などなど

おはようございます。
つゆの晴れ間となりました。
北前船プロジェクトを立ち上げて、チェンバロ演奏とともに北海道と大阪、京都、北前船所縁の土地で演奏活動をされている明楽みゆきさんが北海道の新聞に掲載されています。
この北前船に運ばれて、終点大坂で発展したのが、煮昆布業。
いつどこが発祥の土地だろうかと調べてみましたら、森ノ宮駅から東南、もと細川ガラシャが自決した細川家の
越中井(台所)のあたりに石碑あることがわかりました。
よい一日でありますように。
http://hamadayori.com/hass-col/food/AokizamiKonbu.htm
posted by きりん at 09:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月22日

 弦楽五人男初顔合わせ♬

ザ・シンフォニーホールが創立35周年となる。その記念に大阪の三つのオケの弦楽首席奏者が5人集まって結成されて、初公演でした。
大坂フィルハーモニーコンサートマスター田野倉雅秋さん(第1VN)  大阪交響楽団アソシエイト・コンサートマスター 岡本伸一郎(第2 VN)  大阪フィルハーモニー首席ヴィオラ 木下雄介( VA) 日本センチュリー交響楽団首席 北口大輔(チェロ)日本センチュリー交響楽団首席 村田和幸(CB)
経歴を見ると広島がキーステーションになっておられるようですが、ともかく素晴らしいメンバーです。

 先週は、シトコヴェツキと日本センチュリーの期待に叶う以上のジョン・アダムスパロディっぽいフォックスとロット「会議は踊る」とJ.コリリアーノの「レッド・ヴァイオリン」とシューマンの交響曲台2番で、二日間、いい意味の緊張感を伴って聴いていたのでしたが、今日は、なぜか、緊張を伴わず、よい意味でOFF感覚での音楽鑑賞が一番、素晴らしい。
約1800は入るこのホールの一階部分だけを発券してコンサートが始まった。
私の漠然とした予想より、客席は埋まっており、一階部分のみが客席とすれば、8割以上は入っている模様でした。
 アイネ・クライネ・ナハトミュージック は五重奏で。 ロッシーニのチェロとコントラバスは、前からP席では、コントラバスが少し弱いと思ったので、親しみのある村田さんに、「エールを贈る意味で、ロッシーニもちょっとがんばってね!」とウィンクしておりました(笑)
音色は、みなさん素晴らしいプロフェッショナルで、ハーモニーの作り方もなかなかよく練習されているよう。
チラシをみるとリハーサルをこの世界的にも上位ランクのこのホールでされているとのことで、なんと贅沢この上ない条件ではないか。さすがにホール主催のコンサートでこそ!
コダーイの二つのヴァイオリンとヴィオラのためのセレナード は、前の2曲からは異色であるが、美しい民族音楽を入れた曲想で、今や聴き難い曲とは誰もが思わないでしょう。
休憩を挟んでドヴォルザークの弦楽五重奏曲  
 醍醐味があるのは、やはりこの曲である。曲想も大きく思弁的でもある。
アンコールは、マックス・レーガーの叙情的アンダンテ「愛の夢」
ロビーで、10月 ヴィテントーア・ムジクムとアンドレアス・オッテンザマー(クラリネット)が来るのを発見。 Kさんがこのオケのメンバーなので、即買う。 弦楽五人男の第2回目も購入して、お写真。真ん中にどうぞと言われて、恥ずかしながらも、真ん中に。(笑)
FullSizeRender-3.jpg
FullSizeRender-5.jpg
FullSizeRender-4.jpg
FullSizeRender-5.jpg
IMG_6268.JPG
posted by きりん at 01:12| Comment(0) | TrackBack(0) | コンサート聴き歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月20日

94年5月にブダペストのバルトークの家を訪れた記憶 その前に読んでいた。。。。。。

バルトークの生徒であって、亡命したバルトーク夫妻に寄り添って支えたアガサ・ファセット。作曲家の日常と崇高な魂に触れる
感動の書。
  アガサ・ファセット著『バルトーク晩年の悲劇』みすず書房  
http://www.msz.co.jp/book/detail/04934.html#more-a1

posted by きりん at 21:40| Comment(0) | TrackBack(0) | こころ旅  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする