2017年01月21日

久しぶりのお二人 今井信子さん 波多野睦美さんを聴いてきた

波多野睦美さんを聴いたのは、山本容子さんプロデュースの cd  「エンジェルス・アイ」 三人の素晴らしいソプラノ、メゾの中で、波多野さんを聴いて、どの方もビブラートのかからない声で、素朴な音楽ゆえに、発音から歌い方まで何もかもが美しいと印象を持った。
 波多野さんのは、宮沢賢治の「星巡りの歌」「モンセラートの朱い本」が一番印象に残っていた。
ザ・フェニックスホールで、エマ・カークビーとの共演だったが、何の遜色ない素晴らしいDUOだった。

 今回もヘンデルだけで後はシューベルト マスネー 、フランク、ブラームス とロマン派に加えて20世紀のウオルトン 三つの歌 がすごく好かった。第二曲目がシャンソンやジャズの要素を取り入れて、歌詞も皮肉っぽいところを波多野さんは、自由自在に表現して、ノーブルな個性もその反対の個性も自ら演じられる人だ。
 最後のブラームスも圧巻で深いところから歌いこなしておられて、二階の最後列で聴いていたので最後のこれにスタンディングで拍手した。
  この方は童謡から、可愛い子どものような声でも、モーツアルトオペラ イドメネオの息子イダマンテでも
どんな役でもこなせる日本では数すくない貴重な方。
 関西の波多野さんファンが講師として迎えて、ノワ・アコルデ音楽アートサロンでのレッスンが約二年ほど続いて二ヶ月に一回のペースで、盛況を極めた。プロ活動している方が殆どで、波多野先生名付け親の女性声楽家の音楽グループがすぐに出来て聴かせていただいた。サロンでも波多野さんにコンサートまでしていただいて、これまた一回公演では満席になって二回公演もしていただいた。

左は山本容子さんプロデュース「エンジェルス・アイ」の中にソプラノ、メゾ三人の中に波多野睦美という歌手がいることを見つけたのです。 「モンセラートの朱い本」より、宮沢賢治の「星めぐりの歌」の素朴だが
とてもクリスタルな魅力に飽きずに聴いていたのです。
右は作曲家ピアニスト 橋悠治 とのコラボ 「猫の歌」は神戸のショットバー&カフェライブで聴いたとき買ったもの。橋さんだけサインもらって、波多野さんにはチャンスがなかったのです。
内容は反骨あり多岐に亘る。
名称未設定 2.png

posted by きりん at 00:24| Comment(0) | TrackBack(0) | コンサート聴き歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月09日

服部天神 参詣しました 服部恵比寿さん→ 豊中恵比寿さんへ名称が何年か前から変わっています。

服部緑地公園近くの方から、お電話。服部天神へ恵比寿さんのお参りに車で来られた方から。駐車場が一杯とのことで、サロンに止めていただき、御一緒させていただきました。
 どの鳥居も長い列でしたが、80歳を越えて矍鑠とされているご主人とお話しながらでしたから、すぐに本殿まで。
  御孫さんは、金魚すくいに興じておられ、暫し微笑みながら見ておりますと、黒の出目金さんも沢山入っていました。和やかなお正月を味わいました。
たい焼き屋さんにはこんな帽子ができてるのですね😊
IMG_4265.JPG
posted by きりん at 16:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月08日

近々のサロンコンサート2つ。ロンドンからパリから。。。。。。そして93年11月22日〜27日東京 

昨年10月、コンサートが終わってホッとしていたら、電話。携帯の液晶画面には、+がついた電話番号からの電話。ロンドンから「チェンバロコンサートをしたい」と。これが林美枝さんであった。
年明けて一番が、林さんの cdリリース記念コンサートとなった。詳細プログラムは、平井悦子のFacebookタイムラインに書いたので参照していただくことにして。雨の中、満席となって会場は、冷房がいるほどの熱気。オーナーは、床暖房も消しても、センスを使う方もあり。チェンバロのためには送風もしたくはないけれど高齢の方で気分悪くなる方がでないかと懸念する。
林さんが選んだプログラムは前半フローベルガー。大バッハが彼の曲を沢山写譜をしたという位、影響を与えた重要人物なのだ。

posted by きりん at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月01日

相互供養 

2017年が明けました。
昨年は義母が104歳で他界。サロンを開く前からあるサークルで知り合って、サロンをしてから、クラシック音楽好きだということがわかり、サロン主催コンサートには大抵来てくださって、外部のコンサートにも一緒に行くようになって、違いの共通点があって、段々と距離が短くなってきたTさん。妹さんがこの歳末に亡くなったとメールが入ってきました。
 「どうしたらいいのか分からない。。。。。。」かなりのショックがあると分かって、言葉は少なく、「臨終に会えないのは、同居している人でもそういう場合もあるので、大丈夫。妹さんも許しているので、会いに行ってあげてください」そんなメールを送り続けていました。「平井さんの傷みが少し判りました」と書いてくださるのですが、それより、適切な行動に go が入っているのか判らないので、「お通夜とお葬式の時間が判ったら、早く新幹線で会いに行ってあげてくだいね。」
  後悔は、残っているとより辛くなるからだ。
 私自身も今年は2月にインフルエンザにかかり、他にも健康とはいえない症状がでて、年齢を感じるころ多しでした。
 音楽は哀しみの時の薬。。。。。。コンサートに誘うかと思いながら、中々メールの返事もなく。ショックが大きいのかもしれない、、、、自分の仕事が忙しくても、そっとしておく方が良い人とそうでない人とある。言葉の脈略、環境の変わって来た前後なので、ここはフォロー続けた方がいいのだ。
 
 先日、新春オペラガラコンサートのチケットをいただいて、旧友と行く事にしていたが、今日「行けなく成ったので他の人に譲ってください。」「心配しないでと言っています」(といわれてそうとも思えないけれど)という姪御さんからしっかりとした電話。
  せっかくいただいたご縁を棄てる手はないのでは?ただ物がもったいないのではなくて。
 時間がないので、一斉メールさせていただき、どなたにも相互のメールやお名前は判らない設定で文章を送ってみる。丁寧に「せっかくですが、都合があり、辞退」のお返事の方も二三あり。お隣のお寺で護摩法要に行き、亡くなった方を痛むその方と相互供養の気持で合掌した。 自宅に帰ってメールを見ると、「行きたいです。間に合いますか?」というメールと共に電話があって、すぐに一緒にいくこととなった。「みんな一緒ではなくて、それぞれ違うけれど、違っても今は貴女をフォローすることが少しはできます。お互いに足りないところは、助け合って行きましょう!」
posted by きりん at 03:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月26日

Fazil Say ファジル・サイ ⇄ W.A.Mozart  モーツアルト F. サイ作曲「イスタンブール・シンフォニー」民族楽器が溶け込む大河絵巻のよう 飯森範親指揮 J.C.S.O.

 飯森範親指揮 J.C.S.O.定期 ファジル・サイ。 日めくりしてからの拙文。今日は友人と3人で終了後,盛り上がりました。素晴らしい演奏を別々の席で聴いても一緒に感動を分かち合えることはなんて幸せなことか?平凡な言葉しか出てきません。
歌劇「後宮からの脱走」序曲は、打楽器がトルコ風に活躍しますね。オスマン・トルコ軍の軍楽隊は脅威であったのが、トルコ趣味として音楽にも取り入れられてモーツアルトが成功した作品。
ピアノ協奏曲第21番 ハ長調 飯森シェフとは何回も共演しているそうで、サイ作曲交響曲第一番「イスタンブールシンフォニー」と納得のプログラム。日本センチュリーに新風が吹きました。今日は少し冷えましたが風はなく御堂筋は銀杏が沢山だったそうですが。
  サイは、生演奏を聴くのは初めてなのです。超有名曲ですが、こんなにも、ユニークで、楽しく、美しく、聴かせてもらえるとは! 
ジャズのように本当に頻繁にペダルを踏んでいるのか見えませんでしたが、やかましいのではなくて、ジャズのようにスイングしているかのように、「モーツァルトが、今ここに現れて、現代のシュタインウェイを楽しんで弾いてる〜」そう確信に近い体感をしました。第2楽章アンダンテは一転して、頭部から全ての汚れを洗い流してくれるような、ファンタジーに溢れて、オーケストラの上をスケートしているようで、胸キュンとなりました。 
第3楽章 アレグロ・ヴィヴァーチェ・アッサイは、またサイの独壇場で、オケを指揮しているかのように第一ヴァイオリン、チェロ側を見返していまして、力強く鍵盤を駆け巡りました。フリーの作曲家、ピアノの達人としてウィーンデビューと喝采を浴びた彼は、このように聴衆を楽しませたのではないでしょうか?
何が正統派かは、曲によって、日によって変わったかもしれないかなと思ったことでした。
  イスタンブールシンフォニーは、また軍楽隊のきついのかと思えば、第7曲、いろいろな曲想で、ネイという竹のような材質の細めで、尺八よりも繊細な音色の笛。ピッチが違うのでしょうか、二本取り替えてソリストが情景も内観を表現して、シターの小型を膝の上で、右手に銀色の爪をつけて弦をつま弾くカーヌーンという楽器は女性の華やかさも儚さも表現して、小型太鼓三つかをマレットでたたく打楽器奏者一人と各3人がソリスト。民族楽器を効果的にオケに溶け込ませて、情景や内省的情感を表現して、オケは、打楽器軍 チューバ、大活躍。でも軍楽隊の繰り返しではなくて、大河絵巻と言える素晴らしい演奏でした。フィナーレは、全てが波の向こうへ霞んでいくという最後でした。タクトは高く上がってゆっくり下ろされてから、👏👏夫々のパート、
をシェフが丁寧に讃えておられました。クラリネットソロの持丸さんの不思議なロングトーンが印象的でした。勿論盟友とも言うのでしょうか、サイも舞台下手からラフなジーンズで現れて、みなさん賞賛と満足の👏・
アンコールのトルコ行進曲は、サイ即興編曲版のようで、思わず笑いそうになりました。ヴィオラ、セカンドv n側がよく言える位置でニコニコして聴いてる楽員さんがいらっしゃいましたよ。同感なのだわ。お休みなさい。
posted by きりん at 02:07| Comment(0) | TrackBack(0) | コンサート聴き歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする