2017年03月26日

関口知宏 ヨーロッパ鉄道の旅 クロアチア編 回想 スタジオで 「考えない」「考えすぎない」のが流行の社会は果して?

悩む事が何かただ暗いマイナス思考なのか? 自分の事だけでなく、現代社会は、1200年前の社会よりもずっと複雑で共通の悩みや危険性を共有している。
その最大は、地域紛争。民族対立戦争と難民、領土問題。核兵器、原発、テロ、地球温暖化による異常気象。生態系の破壊。農薬、公害による魚介、畜産物の汚染。 グローバル時代の資本主義。投資株価の高低差による長者になる可能性と反対に経済破綻の可能性。
貴族社会の摂関政治と皇太子出産にまつわる物語が文学となった社会と現代では、職業の選択枝が極めて異なる。
 少子化と未曾有の生きなければならない高齢化社会。寝たきりでは理想とはかけ離れた最期をどう迎えるか。
今を生きるとは?20世紀の老齢化社会とは異なる家族、「無縁」社会に、オカルトではない、知性と倫理、便利であること=自由とごまかされていく社会に哲学を再構築しないのか?人はその人に添う幸福論が必要ではないのか?蛸の壷に入るような価値観ではなく。フランス革命の機動力、価値観であり、倫理でもあった、「自由
平等、博愛」は死滅していくのか。 ワイマール憲法がある日、ナチス政権によって骨抜きにされた歴史の教訓を知らないことの危険性。他国のこととは思えない「思考停止」とミーイズム。それをなぜ悪とできようか?「今を生きて、自分と似ている仲間だけで充足する高度経済情報流通社会。」発達を遂げた先進国の幸福度世界55位の幸福貧困率。
リベラリズムとは、単に好き勝手に自由を謳歌することではない筈だ。新自由主義高収入格差社会は、利己的高収入の獲得と消費で幸福の追求が価値となる。障碍者、弱者、人種民族差別、失業と貧困からアメリカンドリームはヘイト社会へと分断社会となる。音楽や芸術もまた利用される歴史的教訓。ナチ、ヒトラーに協力していたリヒャルト・シュトラウスはオペラ「カプリッチョ』を書いて上演されていたのだ。このオペラは詩人と音楽家に愛される伯爵未亡人が主役の大人のオペラであり、詩と音楽と何方が優位であるか、世界のごく一部で芸術至上主義が謳歌されていたのだ。実に同時代にナチス政権がヨーロッパを席巻し、アウシュビッツにガス室に送り込まれたユダヤ人で溢れていた。21世紀の2013年ウィーン国立オペラ座にて、この『カプリッチョ』を指揮しているのが、幼少時にナチスに父を祖母を家族を奪われ、音楽を真剣にするようになるめでは小言葉を発することができなかったマエストロクリストフ・エッシェンバッハであった。
posted by きりん at 02:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月15日

AGNES BALTSA SONGS MY COUNTRY TAUGHT ME     Grammophon

 アグネス・バルツァが祖国ギリシャの歌を歌う。 録音は、アテネ 1985年 11月12〜21日
アテネ・エクスベリメンタル・オーケストラ、 指揮 スタヴロス・ザルハコス、ブズーキ独奏 コスタス・パパブードス 
 ギリシャ語からの日本語訳ではない。欧米ですら現代ギリシャ語をすらすら訳せないのではないかという大意訳者のコメントがついている。 
 「くらがらく」がこの cd を買ってきたのは録音されてから、間もない頃だった。以来クラリネットやシンフォニー、室内楽、古楽を聴く中で、異色の一枚である。 しかし、ミュンヘン、ウィーン、ベルリンはもちろん世界のメゾソプラノとして当時のバルツァの実力名声は、右肩上がりに伝わって来ていたけれど、この 1枚は、mはこよなくお気に入りであった。その後、私のカー・ステレオに入ることとなり、心の友となった。
 現代ギリシャの作曲家ミキス・テオドラキス  マノス・ハジダキス が、作詞作曲をしていて、ギリシャの民族音楽の伝統ブズーキの音色が何とも言えない表現力を高めている。 ロマの娘、17歳で亡くなった郵便配達、5月に家を出てしまった息子を亡くした母、夜汽車が恋人を乗せて行ってしまった夜汽車は何を含んでいるのか? 郵便屋が17歳?日本では殆どいないであろう。 テオドラキス自身捉えられて執筆活動ができなかったという。
 しかし、バルツアは、強烈にまた柔らかく切々と歌い上げる。 

以下 プロフィール
44年生まれ ギリシャ イオニア海 レフスカ島 生まれ
 ブカレスト ジョルジュ・エネスコ国際コンクールに入賞、翌年マリア・カラス奨学金を授与され、バイエルン国立歌劇場併設のオペラ歌手養成クラスで学ぶ。オペラデビューは1968年 フランクフルト国立歌劇場で
クリスト・フォン・ドホナーニ指揮<フィガロの結婚>ケルビーノを、ウィーン国立歌劇場でオクタビアン役で絶賛された。70年ベルリンドイツオペラ 1976年 ミラノスカラ座71年ヒューストン オペラ 76年コペントガーデン 1979年メトロポリタン デビュー 
79年カラヤンと来日 86年 コヴェント・ガーデン=ロイヤルオペラ での妖艶壮絶なカルメンを演唱。

バルツァ わが故郷の歌.jpg
アグネス・バルツァ 2.jpg

posted by きりん at 01:07| Comment(0) | TrackBack(0) |  CD,LP,DVD 鑑賞のひととき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月13日

面白い!93歳。今、この人に共感する私。佐藤愛子語りおろし『それでもこの世は悪くなかった』 

  生のこの方を知らないし、作品も読んでいませんが、亡き母と同世代。腹筋振動で痛快。若い頃30代40代、雑誌対談でも何にもピタッと来るものがなくて、有名詩人作家を家族に持つ女流売れっ子作家という名前と顔しか知らなかったけれど。これも年輪のお陰なのだと合点がいく。この人は女性らしいお稽古事もしないで父親気質を受け継いで、離婚選択して作家修行。いえ再婚した夫の借金返済の為の著述業となる。 方や51歳で夫倒れて否応なく一人で「戦い済んで、夕映え楽章」を迎えている最近の私には「ご自分の為に時間とお金を使われたら」との奨めにも、どうも「???」マークがちらついて、いいかっこはしないが、ムスコ達ムスコ達世代にエールを送って仕事することで望外に役に立ってるらしい笑。社会貢献というとカッコ好すぎで恥じ入るが、音楽が奏られる空間提供、招聘は具体的だから確かな足跡となっている。
 昨日「平井さんは自己評価が厳しい」との言葉を頂戴して、へえっとわらってしまう。
 今年は、ちょっとハードル高くして、期限限定を作っている私。自信があるわけでもないが,コツコツと時間を見て階段を登る私がいる。音楽アートサロンを産んだ親として。
 幼い頃は、引っ込み思案でおまけにこちらは、虚弱体質。母も入退院繰り返して他界したので、共通項はほぼないが、読み進むうちに抱腹絶倒。伴侶運から外れた代わりに見えない宝ものがあることに共感する私。同世代と共感できれば、贅沢な幸運。先達に智恵をいただき、気づいたところは,学ばせてもらい、真似ようとて真似られないところまで生きて来た。
 この方は「よく怒るんですが、要求はしない。だから聞き流しいただいていいんです」ああ,怒ったっていいんだ、人を変えようなんて無理なんだから。いえ怒るのもエネルギー要るから、省エネで。それより悩みガソリンと、ユーモア油を絶やさずして、アクセルゆるりと踏んでまたスタート。ギヤチェンジは口笛吹いてハンドル握って。ブレーキ踏み間違えないで、ブレーキに右足を乗せて。
  一言いいたい「それはあかんぜよ」爽やかにイントロデュースすればいい。 
爽やかな風の季節がやってくる。 

  
佐藤愛子.png

posted by きりん at 02:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常発見つれづれ草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月18日

二月も半ば過ぎて「蔵我楽ーくらがらく」こと平井万佐治(まさはる)というクラリネット奏者の誕生日と帰天した日が近づいている。そして五月に。。。。

  今年は、生誕70周年に当り、2002年2月24日で15年メモリアルの日である。
光陰矢の如し。。。。。。 突然演奏活動を中止してからは、18年以上の年月が過ぎた。
音楽アートサロンなるものを、生前に作ろうと話し合っていたことを果たして、私も古希を迎えることができた。
 ところで、偶然なのか必然なのか、素敵なことになりそうなのです。2年ほど前に、残された楽譜を生かしたいと思って、94年プラハに行ったときにお土産に求めたチェコの作曲家の楽譜などを吹き手が亡くなって眠っているより、生かして下さる方に渡るのが一番好いこと!もうその時が来ている。遅きに逸することないように。。。と思い、いずみシンフォニエッタ大阪のソリストである上田希さんに差し上げたのです。彼女は現代曲を意欲的に演奏しておられるので適任であるとにらんで「いつか、ノワ・アコルデで、ここでこの楽譜を演奏してくださいませんか?」と言ってみたら、「はい、いつとは申し上げられませんが、平井さんの意志が伝わりましたので、ぜひ。。。。」という言葉をいただいていました。その間交流は記憶するほどにはなかったのですが、昨年末に上田さんから、コンタクトがあり、「来年の春にしたいと思っています。それでヴィクトール・カラビスの事をしらべましたら、奥様が1月に90歳のお誕生日を迎えられるようです。」ネットで早速しらべると何とナチの強制収容所に1941年〜45年までいて生還したとある素晴らしいチェンバリストだと分かってきました。ズザナ・ル−ジチコヴァーさん。 J.S. バッハの完全制覇して、ヨーゼフ・スークなどと共演録音もしている世界的なチェンバリスト。夫ヴィクトール・カラビスもソ連共産主義下で、優遇はされなかったようですが、チェコフィルなどクーベリック指揮で交響曲演奏されていることがわかりました。夫カラビスが2006年他界した後、カラビス財団を創立されたようです。上田さんに「この曲を演奏するなら、奥様のお誕生日前にお祝のメッセージを贈ったらいかがかしら?」と私。しばらくして、上田さんから「カラビス財団の女性から、奥様がとても喜んでおられて、財団のコンサートスケジュールにノワ・アコルデ音楽アートサロンさんで私がさせていただくコンサートを掲載するとのお返事がありました。」それで上田さんのご都合と照らして5月18日(木)19時から 〜 L'hommage 〜 あるクラリネット奏者の。。。。。
 という副題で上田希さんのクラリネットコンサートが実現します!
その元となったクラリネット奏者「くらがらくシリーズ vol.1」という冠もついてしまいました。なんだか、人生の中でおこる事、ミラクルな事は、自分の意志で動いているばかりではないような気分です。
_DSC8845a.jpg
平井万佐治クラリネット五重奏CD.png
image1-1.JPG
_DSC8919a.jpg
posted by きりん at 19:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月05日

自分らしく 人が一番しあわせだと思うときは。。。。。。。。

人生70を越えて、自分の足で立っていることが、不思議だと思います。人は歳を重ね、社会人となり、
結婚し、子どもができて親となり、子どものために時間を費やしていると自分がなくなるような錯覚をしてしまったり、上司や同僚とまた地域社会との折り合いで、感情を上手く出せない、自分のことを自己紹介しようとしても
どこからはじめたらよいのか分からない、誤解されるのが不安だったり、一人に語るときと多勢の前で語る時とでは自ずから内容も変わるでしょう。記念の日だけでなく、初めて出会って日が浅くても、自他共に緊張とリラックスした状態で、共感できるとき、同じコンサートを聴いたときお隣だったり、後でご一緒の機会があった時など、最もしあわせな時ではないでしょうか? 何かのプレゼントも嬉しいものですが。
  今日はそんな日。「ハンサム・ウーマン」という言葉は、女性が女性を褒めて憧れて、レスペクトしている呼び方なのだという話題で、会話が弾みました。 一月の MさんがFacebookにコメントした「男前!」というのも、外見やしぐさ、言葉が男っぽいのではなく、
女性としても魅力があって、勇気があって颯爽としていて、何かの時に仕切れる人がいなくてピンチなとき「いいわよ😊』ってさらっと引き受けてくれる。。。。。。。そんなひと。 女性から見ても憧れの女性ということで共感でした。😊
posted by きりん at 22:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする