2017年07月27日

封印を解いて=辻邦生  ムフタール街やデカルト街界隈を『歩いた。』『この方』と。

  小説を片っ端から読むタイプではない私のわが永遠の作家辻邦生。心底に沈んだこの作家の文章から浮き上がるパリの情景やイタリアを車で疾走する彼の映像が涌き上がります。著書『永遠の書架に立ちて』。小説家 とくに古今東西の芸術家を主人公とした歴史的背景を岩盤にして、登場人物が文楽の太夫によって命が吹込まれたように動き出すように、氏の香しく流麗な文体、一枚の絵画の肖像から眺望へと私の心臓を見透かすかのようにぐいぐいと引っ張っていく「十二の肖像画」や『デルフトの眺め(眺望)』。エッセイ群、小説『安土往還記」『嵯峨野明月記』初期作品の『夏の砦』「回廊にて』は、日本の作家テーマと大きく離れているかと思えば、信長、光悦、光琳、宗達など安土桃山から江戸初期の画人、デザイナー、プロデューサーを活写する。とにかく筆をペンを置く事がない生活、自動的にペンの先から、美しい風景、歴史的人物の暗闇、見事な芸術作品や料紙に書かれた言霊に金箔尽くし。 しかし、ただ豪華なブランド志向趣味ではなくて、庶民が暮すパリの下町に自炊し、日本の平安時代にも筆は向けられていたのだ。
フランス文学者であり、旅行記、エッセイ、映画評論?エッセイ 美術評論等等。博覧強記の人であり、レイモンド・ブリッグスの絵本『さむがりやのサンタ』に狂喜し、楽しみ、書斎のとなりに大きなぬいぐるみのくまさんを収集するという”坊や”でもあり、パリソルボンヌ大学で「日本文化」の教鞭をとった学者でもありました。
書けば尽きせぬことなので、今宵はこの辺で。
FullSizeRender-2.jpg
FullSizeRender.jpg
FullSizeRender-1.jpg
posted by きりん at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 美の回廊 魂の回廊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月10日

「ハイドン大学」 聴講 

「ハイドン大学」へ聴講に行きました。 「大学」って? これは、首席指揮者飯森範親さんと日本センチュリー交響楽団そして、たまにソロゲスト奏者参加で、ハイドンのシンフォニーとハイドンに影響を受けた作曲家の作品を織り交ぜて、8年或はそれ以上かけて完走しようという「ハイドンマラソン」シリーズ企画のプレ講義のことなのです。同楽団プログラム解説などでおなじみの音楽評論の小味渕彦之さんが講師。評論というと堅いイメージがありますが、意外な切り口が見え隠れして、連想が興味深いので、生の講演を聞きたいものと思っていました。
 10人少しの参加でしたが、みなさんクラシック音楽を長年聴かれているシニアの方が殆ど。
 いきなり故柴田南雄さんの交響曲「ゆく河の流れは絶えずして」昭和50年 中日新聞社委嘱作品 
  今年生誕100年。ちょうど半世紀前に作られた曲。仏教より来た無常観の最たる「方丈記」の冒頭をタイトルにした曲の2楽章を少し聴いて、ウィーン古典派を連想する箇所が見え隠れハイドンシンフォニーをパロディにしたようで意外でした。
 日本人が西洋クラシック音楽に目覚めて追いかけて来て昭和50年の頃、メタ・ミュージック(音楽史をテーマにした音楽)というジャンルを取り入れて作曲したとのこと。
  朝比奈隆氏のハイドン交響曲全曲演奏を試みた記録と挫折。その要因として当時の状況。
  カザルスホールでの新日本フィルハーモニー演奏。毎回指揮者を招聘。
1988年から始まって1991年までの指揮者記録に朝比奈隆氏も再度登場して、氏のアンコール前の長いスピーチ録音は、聴衆のどっと笑いもうかがえた挫折エピソード。
  最後に、ウィーン楽友協会大ホールにて、バーンスタイン指揮ウィーンフィルの88番「V字」をアンコールに4楽章を〇で「指揮」する映像を紹介。長年如何にウィーンフィルと相性よかったかが実証される演奏シーン。 YOUTUBE  で見られます。巨匠のお茶目ぶりと○○○○だからこそできる魅力、面白さを再発見した楽しい講座でした。 「主題労作」というドイツ語からの訳語も面白い。 古典の魅力=ハイドンの魅力 
 心身をバランスよくハッピーに導く。しかしながら曲が沢山だから、全曲演奏は並ではない企画。聴く方も気を長く持って、一曲一曲愉しむ音楽として聴けることを願っております。
この辺で。
    講師に乾杯! 

IMG_3600.JPG
posted by きりん at 00:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 美の回廊 魂の回廊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする