2017年04月16日

  京都嵯峨野と中国の親睦性  亀山公園に歴史が   関西学院大学と 関西大学

4月14日 桂川(大堰川)を屋形船で渡って、対岸の嵯峨野へ花の散策をしました。
常寂光寺の「女の碑」と定家「小倉百人一首」編纂をした時雨亭の一部がここであることから訪れました。
その前に

嵐山の対岸にある亀山公園には、周恩来元首相ら日本と中国の間で「日中不再戦」の意を表す碑が建っています。長寿であった清水寺元管主大西良慶さんの揮毫によるもので、散策の折りには地図を見て御立ちよりされてはいかがでしょうか?その少し上、小高くなって、対岸の嵐山が見えるところに、京都商工会議所や留学生へのボランティアなどいろいろな団体が寄付をした日中友好の碑があります。 
 先日、ここに立ち寄った時に、京都仏教大学留学生と中国吉林大学で中国文学を教えている方から声をかけられました。留学生は、色白で笑顔が爽やかな甘いマスクのイケメン君で、日本に憧れて真面目で明るい青年でした。


 関西学院大学と関西大学の関西の発音が異なる事を片言漢語(はんゆう)で説明しました。 呉音の漢音の違いです。関西学院は呉音を取り入れているのです。 創立者が異なるので違いを判ってもらうだけです。

 現在もローマ字で書くと 
関西学院大学を
   Kwansei gakuin daigaku
  中国語 では
 クヮンシー シュエイン  ターシュエ  でしょうか?(カタカナで書くのも難しい)
  関西大学は
Kansai daigaku は → クヮンシー ターシュエ

となり、中国人の読み方からすると何も違いはないし、混乱し易いでしょうね。(笑)日本人でも殆どかんさいがくいん大学 → 「関学」が一番通っていますかしら。
そして「関大」 でとおりますね。学生スポーツ界では正にそうでしょうね。 
関学のばあい、クワンセイガクインと言う学生、先生も少ないとおもいますが、いかがでしょうか?
軽く「かんせいがくいんです。関学です」ですよね。くだらないようで、オリジナルも一応崩さないでと書きました次第です。(笑) 卒業生のはしっくれでした。

この学生さんも先生も関学を創立した、アメリカ人宣教師 ランバースがその後中国のベニスとして美しい古都として日本人にも親しまれて来た蘇州に蘇州大学を作って客死したことを知っておられませんでしたので紹介。
関学は今も創立125周年に、当時のアメリカ人女性学院長が友好訪問されたと聴いております。
友好大学ではないでしょうか?調べてみてくださいね
吉林大学も、25年程まえに北京より北東へ列車でいった承徳で、関学の学生に出逢いました。吉林大学で夏期休暇を過ごした帰りだそうで、当時は承徳で出会った唯一の日本人でした。
吉林大学とも友好しているようですよ。卒はしくれより。
posted by きりん at 11:28| Comment(0) | TrackBack(0) | こころ旅  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月15日

花づくしの三日間  嵐山 京都御室 吉野山 桂離宮 嵐山 嵯峨野 小倉山 烏丸御池 

生涯で初めての花見づくし3日間でした。 4月12日は、御室仁和寺の御室桜。桂から嵐山渡月橋、小倉山桜を眺めて嵐電車中から花見。仁和寺はつぼみ開き。夜は大阪でコンサートを聴き、
13日は12時過ぎの近鉄特急阿倍野から吉野へ。中千本、下千本満開近く。堪能。夜は8時過ぎから大阪造幣局の通り抜け。つぼみちらほらの品種あり、満開ありとばらつきました。6時過ぎの列車で吉野からの帰り40分余を造幣局の通り抜けを決行するという健脚ぶり?
今年は帝国ホテル、天満、桜ノ宮両河岸にソメイヨシノが1週間ほど遅れで満開。若者達ばかりに混じって9時〜大型屋台食堂でおでん、焼きそば、丸ごとイカ照り焼きを食べて健啖シニア2人でした。14日は、朝9時から清々しい桂離宮見学。20人程で1時間。
その後、タクシーで桂川沿いを走って、嵐山の料亭旅館で入浴、湯葉豆腐鍋と会席料理。目の前の屋形船で大堰川(桂川)船遊びで亀山公園側へ渡って散策。常寂光寺から野々宮神社へでて嵐山電鉄と地下鉄東西線烏丸御池のレストランで夕食でした。
posted by きりん at 00:15| Comment(0) | TrackBack(0) | こころ旅  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月28日

一日旅を二つの映画でサンドウィッチ。えっちゃんとマルタ

 長年の倣い性からちょっと外れた気分になって、映画を3日間で2本も見ました!一つは旅をする前日の夜8時から。
もう一つは、旅から帰って、こちらは、衝動的に。
 どちらも主人公が60代後半から70代前半の女性。
前者は、小説が土台にあっての映画化。主役は、初めてこの映画の企画をしてモントリオール国際映画祭で審査員特別賞グランプリ。エキュメニカル審査員賞に輝いた吉永小百合さん。主人公はなんと「悦子さん」、「エッちゃん」と呼ばれている。
 後者は、全くのドキュメント。撮るのは、実の娘でこの映画の監督。撮られるのは、当代希有の天才ピアニストマルタ・アルゲリッチ。。。
 マスコミや評論家のインタビューではなく、ほとんどが母と娘の日常と舞台の裏側だ。監督の3番目の娘の出産を見届けて病室を出て無造作に携帯電話で友人か誰かに知らせているマルタの何気ない仕草。のっけから引き込まれてしまった。想像していたピアノステージと喝采のドキュメントとはまるで違っていてドラマなのかと一瞬思うほどに深い。
 説明は不要だが、一番目の娘は、養育院に入れられていたことが分かるが、唯一ヴィオラ奏者になっている。エキゾチックな美人と姉をたたえている末娘監督。そのヴィオラ奏者のリダは母を恨んだような形跡はここでは現れない。いえそれどころかいつも母を慕い続けて演奏家になったのではないかと思うくらい優しい瞑想的な女性。ピアノ五重奏で後ろから娘をほほえみをたたえて見ているマルタはほんとうに綺麗でものすごくやさしい。 二人目は明晰で美人。唯一幼い頃から母と父と暮らした普通の家庭写真があるが、成熟した女性の趣を感じる。葛藤はそれぞれにあったことでしょうが、70を越えた母マルタと、大人になった娘達は庭草に横たわり、ペディキュアの色を何色にするか、ままごとのように屈託なくおしゃべりしてるシーンが最後にあって、女4人の会話と表情が素敵でした!
 マルタは娘と会話して、答えられない質問にもいつもあとには素晴らしい笑顔を返している。 
  天才ピアニストだからできる、許される?人生なのだろうか? 正直で自然体で、毎日付きっきりの母親とは反対に見事に子育て(?)と音楽に生きているマルタに圧倒されて、ピアノそのものと同じく脱帽でした! ドキュメントを越えたストーリー。 旅の疲れなどなく、むしろ火種をもらったようでした。
  吉永さんの映画は、映画館へは億劫な私にしては「母べえ」「北の零年」「おとうと」と結講見ている。日本の今、シニアにならんとする近隣男女の思慕が言葉とひかえめなお辞儀や仕草で海外の人にどこまで共感できるのだろうかと思うけれど、周りの人々とのメルヘンのようでいて、高齢化社会日本のシニアの切実なテーマも入っていたのは興味深いことでした。
posted by きりん at 22:37| Comment(0) | TrackBack(0) | こころ旅  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする