2019年09月02日

日本舞踊と TSUKEMEN

藤間蘭黄 プロフィール.png
69841348_2490244777728400_536300699256881152_n.jpg
CCE20190902.jpeg
   日本舞踊家のお身内の方から勧めていただいて、予定日ギリギリに、チケットを予約して拝聴した。
 いわゆる阪急「にしきた」=クラシック音楽・演劇・芸能の殿堂となった兵庫芸文センターの最寄駅に到着して、着席して聴いたのは前半ツケメン「ラ・カンパネラ」が終わった後、「真田組曲」からであったが、逆に、日本舞踊とヴァイオリン二挺とピアノ3人と3人のコラボを集中して聴く事ができた。
  日本舞踊というと、筆者の幼児の頃からつい数年前までは、関西では、各流派のおさらい会や流派だけの師匠の会の事を想像していたが、それが打ち破られたのが、藤間蘭黄師を初めとする東西各流派の御曹司様方で、「初めての日本舞踊」というシリーズだった。しかし内容は別に間に解説が入るわけでもなく、子供向きでもなく、むしろ古典を変り振り付けした三番叟であったり、モーツアルトの「フィガロの結婚」を江戸時代の髪結床屋の男と町娘の恋に横恋慕する旦那のドタバタ芝居を舞踊という言葉がない世界に取り入れて、狂言仕立ての新作舞踊を何度か拝見していたものだから、あのTSUKEMENが伝統芸能に新しい息吹を吹込む”トリオ”とコラボするので、何とか見に行こうと腰をあげた次第。
  日本舞踊は、能、狂言の舞や歌舞伎の劇中の舞を取り入れているから大抵は華やかな衣装に身をまとった女形や伊達男が登場するとは反対で、
黒紋付に袴と舞いの小装具としては白銀の扇子のみのシンプルな出で立ち、それで正装で TSUKEMEN の演奏に乗って舞うのである。会場に設えられた檜の舞台と金屏風を背景に、ツケメンのヴァイオリンとピアノは、プログレロックに近く温度は別府温泉の血の池地獄のようである。西洋楽器のツケメンは昭和人というより明らかに昭和終りの平成人。 日本舞踊家が中年というか舞踊界をしょって立つ昭和人でも東京オリンピック前後世代と見える。ロンドンへバレーやモダンダンスを学ぶ留学した家元ご長男もおられる。西川箕之助、花柳基、そして藤間蘭黄だ。ツケメンはクラシックの音楽大学を卒業にして今や純クラシックでもないがしかしポップスでもない TSUKEMEN-道を確立して国内で満席喝采を浴びていることがプログラムで知る。
 蘭黄 構成の『 THREE』 は、5つに構成振り付けされているが、先ほど書いたように衣装は、全く伝統的な黒紋付きに袴に舞扇子を2つに手さばきよく、或るいは、3人で月に見立てるなど自然の気配や武器に見立てたり。
 白い足袋が、細やかにある時は激しく白い線を書くように、またきりりとしたパーカッションに変身する。之が西洋舞踏にはない特異な足芸である。ツケメンが2015年3月、ウィーン楽友協会大ホール黄金の間で満席の中大成功を収めたとの事で、シェーンブルン宮殿などでのコラボですれば、どんな反応が返ってくるだろうか? 日本舞踊が若いトリオにこびるでもなく正統派を貫いて、ヴァイオリンやピアノ
を三味線や笛太鼓のように舞い合わせ舞い散るがごとくに、勇壮であり、また艶でもある。 今日は、何の贔屓目もなく吸い込まれて1つになったような客席は、よく見ると殆どが女性であったことに最後に気づいた次第。着物姿もちろんあちらこちらであったが、日本舞踊初めての方も多く、伝統の型をしっかりと守って、それを打ち破る美を新旧世代から一杯の光を感じた次第。  誘ってくださった奥様であり、バレー評論家である T さんとほんの少し会談。面白さの本質が見える素敵な時間だった。

  
   
posted by きりん at 02:46| Comment(0) | コンサート聴き歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

青木洋也さん高橋明日香さん三橋桜子ささんたちとサックバットの入ったコンサート

CCE20190203_10.jpeg
名称未設定.jpg
 1月最後の31日 近いようで遠い神戸。地下鉄で新神戸駅から徒歩5分程とあるが、初めての教会。小雨ふり寒い。でもこんな編成のバロックは聴かないではおけない。ノワ・アコルデに来てもらった青木洋也さんが一人カウンターテナーでリコーダーの橋明日香さんは、昨年晩秋サロンへ立ち寄られたばかり。オルガンに三橋桜子さん、ヴァイオリン・ヴィオラは初めての朝吹 園子さん そしてサクバットが若い日本の男性奏者二人で!ピリオドの金管が珍しいのである。
 トロンボーンの前身サクバットは声楽と相性がよく、教会カンタータ曲を歌う歌手に寄り添って演奏されたという。
同じく昨年晩秋いずみホールがリニューアルオープン最初に、満を持して企画した「古楽最前線」シリーズ二日目〜モンティヴェルディの「聖母マリアの夕べの祈り」。
 〜合唱とソリストとルネサンス編成の合奏団 ラ・カペラ・デ・ラ・トゥーラの中にこのサクバット奏者が3人登場。その一人が若い日本人。最後もすばらしく朗々と吹いていて、その音色はその日本人の若い男性奏者であることがはっきりと聴こえていたのだ。

あれから二ヶ月以上は経っている。やはり髪や風貌似ている。

それより肝心の教会は、広い道路から信号を渡ると暗い夜道もうすぐかと思えば右手に教会は現れない。特殊ホテルの入り口で道を聞く人もなく、スマートフォンを忘れて来たのである。近くに印刷出版の工房を見つけたら行き過ぎていた。親切に近くまで同伴してもらって不安解消。
もうギリギリだと息を切らして階段を上ると青木さん、明日香さんが笑顔で迎えている。ああ、よかった。傘をしたにおかないと行けないとのことでまた戻る。 劇場のようなシートで聖書がおける背もたれに棚がついている最新の椅子。祭壇はアイヴォリーの大理石の壁で、天井は高く、ゆうことなし。
名付けた今日のタイトルは 深遠なるバロックの響き〜
 サクバットを中心に17世紀初期のドイツ・オーストリアの響きを  というコンセプト

 とにかく サックバット の響きが柔らかく、天井へと伸び上がるよう。最初は全員 ヨハン・ルドルフ・アーレ
 (1625〜1665)ソプラノリコーダーとヴァイオリンが天使のように歌い、安定した音程と明るいアルトに近い音質で 竪琴をつまびけ という曲 
続く



  
posted by きりん at 16:53| Comment(0) | コンサート聴き歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする