2017年10月17日

Nabil Shehata   Contrabass Recital in Japan with Noriko Hayashi (pf.)

 シェハタさんを知ったのは、もう12、3年前になるはず。神戸三宮のライブハウスで、林典子さんと出演された時に、渡戸由布子さんに教えていただいて聴いたのでした。 そのお陰ででしょうか、コントラバスの響きに興味がおこり、沢山の cb 奏者の方がノワ・アコルデで演奏やレッスンをしてくださって、ご縁があるのです。 今回は、5年ぶり。全然年取らない方みたいです!

 なのにこの楽器の根本的なことを知っていなかった! コントラバスって、不思議な楽器ですよね。ヴァイオリンやチェロ族ではなくて、元祖はヴィオラ・ダ・ガンバなど、ヴィオル族と言われる方に分類されますね。”肩”の形がなで肩で、弓の持ち方が、大抵アンダーハンドでお箸の持ち方に似ていますが、ガンバもなで肩だけど、ガンバがC字溝なのにコントラバスはF字溝。でもコントラバスにもチェロやヴァイオリンのように肩がいかり肩のもありますし、アメリカのオケでは、オーヴァーハンドで演奏するのも見かけました。
 しかし問題は
一番驚異的に違うのが、弦が5本ということ! 4弦のバスは、ジャズなどで使われて、プロのオーケストラでは5弦が多い?とのこと。多いと言われると4弦の楽器とどう合わせるのかしらとまた疑問が湧いてくる楽器。何となく遠くから見ていたら判らないのです。

今日は目を凝らしてみていたのですが、乱視ぎみで4弦のようにも5弦のようにも見えたり。肝腎なことを聴きそびれてしまいました。
しかし、プログラム写真を見ると4弦に左手を置いておられます!
4弦で弾いたり、5弦の楽器に持ち変えるのは、かなりの訓練をしないと難しいでしょう?!そしてあの速いパッセージを1メーター5センチの棹の上を左手の指が駆け巡るのですから。
 
アルペジョーネ・ソナタでは、高音の二弦が多く使われていたようなのですが、 後半のミシェック(1875〜1955)のコントラバス・ソナタ第3番 ヘ長調では、4弦を駆使して演奏されていました。
ご本人ミシェックの自筆譜がライプチッヒの出版社へ送られて1954年に契約が結ばれています。しかし出版を前に作曲家は亡くなります。この楽譜を元に海賊版ではなく正式に出版する依頼を1993年に文屋充範先生(シェハタさんのヴュルツブルグ音楽大学大学院での先生)にされて来て、このソナタが書かれて39年後にそのホフマイスター社から出版されたと今日のライナーノーツに文屋先生が書かれていました。
 この曲は、ボヘミアのような牧歌的な曲想を思い起こす美しいメロディに溢れていました。戦争があってソナタ2番とこの3番の間は45年も空いているのです。きっと第2次大戦ナチスの脅威と連合軍の爆撃から解放されて、作曲することができたのでしょうね。
最後のピアソラの キチョもコントラバスのオリジナル曲で、ピアソラの演奏パートナーであったコントラバス奏者のキチョ・ディアスの名前です。重苦しい暗さはなく、力強く、ナビールさんの大きな指が、どの曲も
的確に棹の上の弦を自由自在に駆け巡るのでした。

そのコントラバスの勇者たるナビールさんを支える典子さんも終始安定して息があっていました。
今回は西陣織の着物地でつくった薄いブルーで細かい地模様とラメが入った地色とのコンビネーションが素晴らしいものを貸与されて、デザイナーと織元の方が会場に来ておられました。
 またお陰さまで沢山の cb 奏者やそのご家族から声をかけていただき、来年される cbの方ともお会いすることができた、素敵な夜でした。帰りはまたかなりの雨の夜となりましたが、心は晴れ!でした(笑)
CCE20171016_3.jpeg
CCE20171016_4.jpeg
CCE20171017.jpeg

posted by きりん at 01:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月25日

色鉛筆画で人物像と花 

急に小さな展覧会をすることになりました。
最寄りの駅から北へ3ッ目の駅。だが、一つカーブを曲がれば、次の駅が見えるという阪急電車の宝塚線。
それでも🚃では運べないのでお手伝いをいただいて、自分で運転。
この位のことを自分で運べることは、健康的にというか、自立性を保っていられるという証し。
銀行のロビーなので、ギャラリーとは異なる。良い点は、ずっと常駐していなくてよいこと。
遠くの方に来ていただいて、本人がいないというご本人には申し訳ないが、そこを予め断っています。
長く(3年ほど)外ではしていないので、見て下さる方も流動してきています。豊中駅を利用する方にも「暑いのでお時間があって、ちょっと気が向かれたら、見てやってください。銀行は涼しく最近は ATM 利用で中のソファは何時も座っていただけそうです。コーフィーなども用意されています。」ご負担ないように。
最終日は、早めに詰めていようと開会してから昨日つくったハガキに書いています。
 用意周到ではないけれど、出来てしまった久しぶりの個展。 サロンオーナーの顔が90%で、性格判断テストをある美術館の「抽象絵画で見る性格判断」では、第一義が外向的思考型、第2義的補助的性格が外交的感覚型で
バランスをとっているらしい。
美術館に展示の好きな絵を一つ選んで、それから割り出して、ご当地の精神分析の先生の監修です。これはその時の心理状態によっても変化すると書いておられるので当たるも八卦当たらぬも八卦。
 
  さて、『これ、色鉛筆なんですか?」展示をお手伝いいただいた方から問われた。「そうなんです。発色がよいメーカーのを使っています。水彩のように溶けるのは、好きではないので色鉛筆のみです。」「グロリオサの赤がステキですね」「ありがとうございます!」「あの女性はどなたですか?」などなど。質問がつづいて。画題を会話の中で決めていきました。

 
ひらい悦子鉛筆画展.jpeg
posted by きりん at 12:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月26日

大阪といえば塩昆布 とろろ昆布などなど

おはようございます。
つゆの晴れ間となりました。
北前船プロジェクトを立ち上げて、チェンバロ演奏とともに北海道と大阪、京都、北前船所縁の土地で演奏活動をされている明楽みゆきさんが北海道の新聞に掲載されています。
この北前船に運ばれて、終点大坂で発展したのが、煮昆布業。
いつどこが発祥の土地だろうかと調べてみましたら、森ノ宮駅から東南、もと細川ガラシャが自決した細川家の
越中井(台所)のあたりに石碑あることがわかりました。
よい一日でありますように。
http://hamadayori.com/hass-col/food/AokizamiKonbu.htm
posted by きりん at 09:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする