2019年07月28日

サロンを支えてくださる方は、色々な方ですが、。。。。。。。。。

連日のコンサートとレッスンが4日間
10時〜していただいたピアノ調律。
ピアニストさんが突然「先ほどしていただいた調律!ピアノがすばらしい!弾きやすいですし〜」
感嘆の声を上げていただきまして、疲れがしばし飛びました〜😊
 有り難いことです😊♬
posted by きりん at 13:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クラウス・ディーター・ブラントさんの無伴奏チェロリサイタルを終えて

67562709_396164671016758_6763303898867302400_n.jpg
花束をブラントさんからいただきました!
マスタークラスレッスン二日間はとても充実して、若い方たち、子供たちのレベルの高さ、チェロが好きで表現力にも才能を発見。
ブラント先生が、丁寧に教えておられて、また普段教えておられる先生の楽しい素敵なレッスンを想像して嬉しゅうございました。

無伴奏ばかりのコンサートは可成りの根気を必要とします!
個人的には、カスパール・カサドのチェロ組曲と
エルネスト・ブロッホのチェロ組曲第1番が好かったです。

posted by きりん at 13:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月03日

再会〜時を経て  

IMG_2225-1.jpg
 半世紀と+すること、成人式の年齢を足すころまで生きてると思わぬ再会もあるものだ。
 つい先日Facebookかで知った元ノワジェンヌの Fさんが、すぐ隣町、曽根にある豊中市文化芸術センター小ホールでリサイタルをされることを知ってご本人からチケット購入。
  歩いてホールへ。 ゆっくりと歩いた。 早足では歩かない。 無理な早足をストップさせる。
丁度開演前について、下手通路側10列目くらいに着座。
 W.A. モーツアルト死の2年前つまり、パリ革命=バスティーユ牢獄めざして市民兵が突撃した年に作られた。
  デュボールのメヌエットによる9つの変奏曲 ニ長調
L.v. ベートーヴェン ピアノソナタ 第24番 嬰へ長調 作品78 1809年39歳
  伯爵令嬢 テレーゼ・フォン・ブルンスヴィックに献呈された エリーゼは間違い。筆の粗いベートーヴェンのスペルを後世に読み間違えられたのが定説になってきたらしい。
  ♯記号が多いのでテレーゼは、自己主張の多い女性だったのではないかという FさんのMCになるほどと相づちをうつ
同じく 25番 ト長調 39歳で作曲 献呈なし  

  Fさんはベートーヴェン ピアノソナタをシリーズにして30年ピアノ一筋にがんばってこられた。
ノワ・アコルデが出来て2年目に、セミコンサートグランドを入れた最初のノワジェンヌさんだった。
空いていた部屋がセミコンを入れても余裕がある南東の間取りの好い部屋だ。
 卒業してプロ活動をされてる時に引っ越してこられた事を思い出す。
 その年が平成元年(1989年)9月19日 メンバーも今日と同じく日比浩一さん(V.N.)
  後藤敏子さん(V.C.)  
 後半がメンデルスゾーン の ピアノ三重奏曲 第1番 ニ短調 作品 49

チェロのソロで始まるが、その音色の深い事! 魅力的な音質だ。 
ヴァイオリンは数々の有名オケのコンサートマスターを経てこられた、日比浩一さん
そう音量を出されないタイプの方です。
曲は、咳き込みたくなるものですが、トランクイーユ
第3楽章 十分速く。後はアレグロ・アッサイ・アパッショナート。



IMG_2224-1.jpg
IMG_2224-1.jpg
posted by きりん at 00:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする