2020年01月19日

クラリネット奏者 岩井秀昭さんご冥福を御祈りします。

どうしても、書いておかねばという思いで書かせていただきます。
  2020年1月15日に亡くなられたクラリネット奏者 岩井秀昭さんのお葬儀(1月18日)に参列しました。
 1950年生まれ。 岩井秀昭さんは、亡夫と同じ大阪教育大学(当時は大阪学芸大学)特設音楽課程卒で、在学中重なってはいませんでしたが、「『特音』に優秀なクラが入った」ということで、当時は未だ池田市に所在していた分校でしたので、オーケストラの仕事の前後に訪問したり、拙宅へ招いて音楽のことで互いに夢中になってる二人でした。本当にお互いに気が合って頼りにする後輩でおられました。
 岩井さんが卒業してすぐにベルギーのアントワープ王立音楽院に留学するときに大阪空港まで見送りに行った記憶があり、留学中も彼からの航空便が楽しみでした。伴侶の典子さんも、亡夫には後輩になるので、その頃から私達は50年に亘るおつきあいです。 岩井さんは、アントワープ音楽院ではクラリネットはワルター・ボイケンス教授に師事され帰国後もベルギーや韓国など国際的にクラリネット交流に尽力されてました。
 具体的には、教えておられた大阪芸大と信愛学院の卒業生で構成された「クラリネットクワイヤー」という名前で沢山の後進を育てられ、「関西クラリネット四重奏団」のリーダーとしても活躍されていました。
  その cdの他に阪神淡路大震災に寄せる『 Life for  Japan 』という cdも刊行されています。
  お葬式では沢山の音楽界、大学関係、お弟子さん、友人の方々が参列されて、息子さんが「父はいつも音楽を楽しんでみなさんと接していたので、悲しまないなんてことは皆さんないと思いますが、そんな父を思い出しておくっていただけると喜ぶと存じます」とのご挨拶に感動いたしました。
  ご冥福を御祈りいたします。 
       
  
posted by きりん at 16:02| Comment(0) | Facebook | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。