2019年07月28日

クラウス・ディーター・ブラントさんの無伴奏チェロリサイタルを終えて

67562709_396164671016758_6763303898867302400_n.jpg
花束をブラントさんからいただきました!
マスタークラスレッスン二日間はとても充実して、若い方たち、子供たちのレベルの高さ、チェロが好きで表現力にも才能を発見。
ブラント先生が、丁寧に教えておられて、また普段教えておられる先生の楽しい素敵なレッスンを想像して嬉しゅうございました。

無伴奏ばかりのコンサートは可成りの根気を必要とします!
個人的には、カスパール・カサドのチェロ組曲と
エルネスト・ブロッホのチェロ組曲第1番が好かったです。

posted by きりん at 13:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。