2019年03月17日

マニエ・ノワール= 一筋一筋と刻まれる長谷川潔のミクロコスモス 

狐と葡萄 長谷川潔.png
長谷川潔 版画家 @.png
長谷川潔 花 レース.png
長谷川潔 版画家 @.png


久しぶりにテレビ 日曜美術館を見たら、版画家長谷川潔作品展が紹介されていた。

藤田嗣治が昨年大回顧展が日本で大きく開催されたが、長谷川潔の大回顧展は、亡くなる年、1980年に自薦大回顧展が東京と京都で開催された。もちろん鑑賞したが、もう39年前で、久しい。

しかし、19世紀末からベルエポック時代のパリに渡り住み制作活動した日本人画家や彫刻家は多いが、フランス文化勲章やシュヴァリエ・ド・ラ・レジオン・ドヌール勲賞も受賞しフランスに骨を埋めた希有な芸術家である。
 フランス国立貨幣・賞版鋳造局で葛飾北斎。藤田嗣治についで日本人画家3人目として肖像浮彫メダルの鋳造されているのである。
 知名度は、この三人の内日本ではおそらく人口に膾炙していない大芸術家である。
北斎は、一度も渡仏していないだろうが、西欧油絵を独自に取り入れたことは近年よく知られてきたが、日本画狩野派とはことなる肉筆画、木版画家としての評価は並大抵ではない。フジタは、日本画、友禅染、工芸などで使われる面相筆の技術と白と墨の黒を想起させる画法と乳白色の女性美の世界を構築して、日本画技法を”輸入”紹介したとも言える。一方長谷川はどうか?
マニエ・ノワールとは、黒の技術。フランス伝統の版画技術が廃れていたのを復活したといわれる。長谷川潔の回顧録では、色々な古い技術書を読みあさったが、肝腎のところが抜け落ちていたり道具がなかったりで苦戦したという。元はオランダで起こったと言われる。彼も初めはエッチングで線描のように描いていく技法だったので、背景は白いママだったが、イギリスの道具を使ったりして、背景を黒のグラデーションへと段々に変化して、絵のモチーフもチェス盤や独楽、円錐形や球体に柔らかい花や藁細工など変幻自在となる。
作品を見た方が早い。
ただマニエ・ノワールを丸写しに復刻したのではなく、斜めに切り込み線を入れて深みを出していく作画法は長谷川潔自身が発明したのだとご本人が書いている。
 想像を絶する孤独な作業出会ったに違いない。驚異的な芸術家なのです。本人もいう。「自分は特に東洋的だとか、西洋の何かを取り入れたとか、そういうつもりで制作して来たのではない。人がもう今の時代は影を描かないから自分も描かないのではなく自分ととことん対峙して出来るものをつくってきたのだと。


posted by きりん at 18:27| Comment(0) | 美の回廊 魂の回廊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。