2019年02月21日

青木洋也さん高橋明日香さん三橋桜子ささんたちとサックバットの入ったコンサート

CCE20190203_10.jpeg
名称未設定.jpg
 1月最後の31日 近いようで遠い神戸。地下鉄で新神戸駅から徒歩5分程とあるが、初めての教会。小雨ふり寒い。でもこんな編成のバロックは聴かないではおけない。ノワ・アコルデに来てもらった青木洋也さんが一人カウンターテナーでリコーダーの橋明日香さんは、昨年晩秋サロンへ立ち寄られたばかり。オルガンに三橋桜子さん、ヴァイオリン・ヴィオラは初めての朝吹 園子さん そしてサクバットが若い日本の男性奏者二人で!ピリオドの金管が珍しいのである。
 トロンボーンの前身サクバットは声楽と相性がよく、教会カンタータ曲を歌う歌手に寄り添って演奏されたという。
同じく昨年晩秋いずみホールがリニューアルオープン最初に、満を持して企画した「古楽最前線」シリーズ二日目〜モンティヴェルディの「聖母マリアの夕べの祈り」。
 〜合唱とソリストとルネサンス編成の合奏団 ラ・カペラ・デ・ラ・トゥーラの中にこのサクバット奏者が3人登場。その一人が若い日本人。最後もすばらしく朗々と吹いていて、その音色はその日本人の若い男性奏者であることがはっきりと聴こえていたのだ。

あれから二ヶ月以上は経っている。やはり髪や風貌似ている。

それより肝心の教会は、広い道路から信号を渡ると暗い夜道もうすぐかと思えば右手に教会は現れない。特殊ホテルの入り口で道を聞く人もなく、スマートフォンを忘れて来たのである。近くに印刷出版の工房を見つけたら行き過ぎていた。親切に近くまで同伴してもらって不安解消。
もうギリギリだと息を切らして階段を上ると青木さん、明日香さんが笑顔で迎えている。ああ、よかった。傘をしたにおかないと行けないとのことでまた戻る。 劇場のようなシートで聖書がおける背もたれに棚がついている最新の椅子。祭壇はアイヴォリーの大理石の壁で、天井は高く、ゆうことなし。
名付けた今日のタイトルは 深遠なるバロックの響き〜
 サクバットを中心に17世紀初期のドイツ・オーストリアの響きを  というコンセプト

 とにかく サックバット の響きが柔らかく、天井へと伸び上がるよう。最初は全員 ヨハン・ルドルフ・アーレ
 (1625〜1665)ソプラノリコーダーとヴァイオリンが天使のように歌い、安定した音程と明るいアルトに近い音質で 竪琴をつまびけ という曲 
続く



  
posted by きりん at 16:53| Comment(0) | コンサート聴き歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。