2018年11月25日

エスペリオン XXI  ジョルディ・サヴァルを聴く 〜古楽のレジェンド スペイン黄金世紀の舞曲〜 2018年11月25日伊丹 アイフォニックホール

CCE20181125_4.jpeg
CCE20181125_3.jpeg
サヴァル プログラム.png

ヴィオラ・ダ・ガンバ演奏だけでなく、スペイン古楽の神様と言われるジョルディ・サヴァルのアンサンブルエスペリオン XXI を伊丹アイフォニックホール L2階そで側で聴いた。同時間開催のあるピアノリサイタルを譲って。ノワ・アコルデサロンオーナーとしては、日本の古楽、ヴィオラ・ダ・ガンバ奏者の第一人者である、平尾雅子さんがサヴァルのお弟子であり、氏がディエゴ・オルティスの「変奏論』を翻訳された直後、サロン開設5周年記念に、その翻訳出版記念と併せて、平尾さんと山岡重治さん(リコーダー)、チェンバロの故芝崎久美子さんを御招きして、ワークショップ、「変奏論」レクチャーコンサートをしていただいたので、これは、行かなくてはならない公演であった。  大阪の I ホールで、「サヴァルをよくごぞんじなら、行かれるべきではないか」と誘ってくださった方(オーケストラでよくお会いする方で、今回いずみH”古楽最前線シリーズ”『リアス合唱団とカペラ・デラ・トゥールのマリアの夕べの祈り』でバッタリであった)は「なんで Iホールでなく、伊丹?』というご意見であったが、諸々の事情があったのであろう。久しぶりの円形ホールで聴いた。
それもサヴァルの左手が上からよく見える極上の席だった。 

サヴァル弟子のファミ・アルカイのアンサンブルは、3本のガンバとバロックギター、そしてチェンバロという編成だったが、
こちらは、トレブルとバスヴィオール、バロックギター、スペインバロックハープ、座演奏のヴィオローネ(ほぼバスガンバと同じ位の大きさ)そしてパーカッション(肩にかけてたたく太鼓、カスタネット、鈴、股に挟んでたたく小太鼓、タンバリンなど ルネサンスからあるもの)
プログラム 前半は、カルロス1世時代(1500ー58) 
 オルティス 2つ  フォリア 作者不詳 即興 2つ ギター曲 (ハラカス、フォリア、カナリオ)
などで、バスガンバ(ヴィオール)とトレブルガンバをほぼ交互に演奏すサヴァールは、終始体勢を静かに保ち、修道士のようだ。譜面付。
フォリア、パッサメッツォなどイタリアやスペインで好まれた固執低音の反復で、即興的に変奏していくサヴァールをギター、ヴィオローネが支える。 バロックハープは背の高い演奏者の目の辺りまであり、もちろん現代グランドハープのようなペダルがないので終始立ち演奏。高音のピチカート演奏の響きが実に美しい。グリーンスリーヴズも演奏された。
  後半
  フェリペ二世時代

  新世界ペルーの民族音楽からとられたのであろうか。カチュア・セラニータ 即興 など南米ものが含まれる

   カペソンの フォリア  ハープソロのファンダンゴ 

   「無原罪の懐胎(世の人こぞりて)」は、ゆったりとパーカッションの拍子木や鈴が受胎の安寧を祈るかのようだった。
  最終から二番目のカナリオ(即興)は、トレブルヴイオールで、サヴァ−ルの左手指の的確さ、右手のアンダーハンドに持つ弓さばきの速さに衰えはなく素晴らしい。澄み切った高音はヴァイオリンのように指板を滑走。
 またバスヴィオールの右手弓をアンダーに持ちながらたたく奏法があったが、それもただ無造作に打ち付けているように一瞬見えたが、左手は
和音であり、それに的確にタップしていたのだった!
  いずみホールの”古楽最前線”初日と「聖母マリアの夕べの祈り」で聴いた カペレ・デ・ラ・トゥールのパッカションも軽く見事に情景を表現するといってよい位に絶妙のリズム感覚だ。日本では古楽パーカションパート編成アンサンブルが少ないのはなぜだろうか。ふと思ってしまった。
 余談だが昨年豊中文化芸術センター小ホールでカウンターテナーとリュートと奈良ご出身のパーカッションの方のトリオを聴いた。その方は一人でコンサートができるという。
 駅で、87歳で南北極とアフリカ大陸以外全て行った(主にコンサート旅行)という女性に声をかけていただき、ご一緒にホールまで。音楽家のことが互いに次々でてきて、自己紹介でサロンをしていると言うと、喜んで興味を持っていただけたのである。
  12月1月のサロンコンサートされる方々のチラシをそっとお出しする習性が甦ったのである。もちろん営利仕事でなく無報酬です。サロンのことを知りたいと言われたので押しつけではないことは確かです。(笑)
 サロンに帰れば、み帆さんとバロックヴァイオリンのKさんがリハーサル終盤で、聴く事ができた。
 関西の古楽界、演奏家、ファンの方の顔ぶれが多くみられたが、今度サロンでされる OさんNさん以外にもサロンコンサートをされた時に受付されていた方にも和やかに声をかけていただいた。
  

  

posted by きりん at 20:03| Comment(0) | コンサート聴き歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。