2017年07月27日

封印を解いて=辻邦生  ムフタール街やデカルト街界隈を『歩いた。』『この方』と。

  小説を片っ端から読むタイプではない私のわが永遠の作家辻邦生。心底に沈んだこの作家の文章から浮き上がるパリの情景やイタリアを車で疾走する彼の映像が涌き上がります。著書『永遠の書架に立ちて』。小説家 とくに古今東西の芸術家を主人公とした歴史的背景を岩盤にして、登場人物が文楽の太夫によって命が吹込まれたように動き出すように、氏の香しく流麗な文体、一枚の絵画の肖像から眺望へと私の心臓を見透かすかのようにぐいぐいと引っ張っていく「十二の肖像画」や『デルフトの眺め(眺望)』。エッセイ群、小説『安土往還記」『嵯峨野明月記』初期作品の『夏の砦』「回廊にて』は、日本の作家テーマと大きく離れているかと思えば、信長、光悦、光琳、宗達など安土桃山から江戸初期の画人、デザイナー、プロデューサーを活写する。とにかく筆をペンを置く事がない生活、自動的にペンの先から、美しい風景、歴史的人物の暗闇、見事な芸術作品や料紙に書かれた言霊に金箔尽くし。 しかし、ただ豪華なブランド志向趣味ではなくて、庶民が暮すパリの下町に自炊し、日本の平安時代にも筆は向けられていたのだ。
フランス文学者であり、旅行記、エッセイ、映画評論?エッセイ 美術評論等等。博覧強記の人であり、レイモンド・ブリッグスの絵本『さむがりやのサンタ』に狂喜し、楽しみ、書斎のとなりに大きなぬいぐるみのくまさんを収集するという”坊や”でもあり、パリソルボンヌ大学で「日本文化」の教鞭をとった学者でもありました。
書けば尽きせぬことなので、今宵はこの辺で。
FullSizeRender-2.jpg
FullSizeRender.jpg
FullSizeRender-1.jpg
posted by きりん at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 美の回廊 魂の回廊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック