2017年07月25日

色鉛筆画で人物像と花 

急に小さな展覧会をすることになりました。
最寄りの駅から北へ3ッ目の駅。だが、一つカーブを曲がれば、次の駅が見えるという阪急電車の宝塚線。
それでも🚃では運べないのでお手伝いをいただいて、自分で運転。
この位のことを自分で運べることは、健康的にというか、自立性を保っていられるという証し。
銀行のロビーなので、ギャラリーとは異なる。良い点は、ずっと常駐していなくてよいこと。
遠くの方に来ていただいて、本人がいないというご本人には申し訳ないが、そこを予め断っています。
長く(3年ほど)外ではしていないので、見て下さる方も流動してきています。豊中駅を利用する方にも「暑いのでお時間があって、ちょっと気が向かれたら、見てやってください。銀行は涼しく最近は ATM 利用で中のソファは何時も座っていただけそうです。コーフィーなども用意されています。」ご負担ないように。
最終日は、早めに詰めていようと開会してから昨日つくったハガキに書いています。
 用意周到ではないけれど、出来てしまった久しぶりの個展。 サロンオーナーの顔が90%で、性格判断テストをある美術館の「抽象絵画で見る性格判断」では、第一義が外向的思考型、第2義的補助的性格が外交的感覚型で
バランスをとっているらしい。
美術館に展示の好きな絵を一つ選んで、それから割り出して、ご当地の精神分析の先生の監修です。これはその時の心理状態によっても変化すると書いておられるので当たるも八卦当たらぬも八卦。
 
  さて、『これ、色鉛筆なんですか?」展示をお手伝いいただいた方から問われた。「そうなんです。発色がよいメーカーのを使っています。水彩のように溶けるのは、好きではないので色鉛筆のみです。」「グロリオサの赤がステキですね」「ありがとうございます!」「あの女性はどなたですか?」などなど。質問がつづいて。画題を会話の中で決めていきました。

 
ひらい悦子鉛筆画展.jpeg
posted by きりん at 12:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック