2017年07月21日

コンサートマスターの休日  MARO  IN OSAKA

20228621_1366461896801043_5656683417958975978_n.jpg
  篠崎史紀さんのリサイタルを聴かせていただいた。ピアノは入江一雄さん。
 前半は、ブラームス  F.A.E. Frei aber einsam ( 自由にしかし孤独に)ソナタよりスケルツォ ハ短調
  と
有名な「雨の歌」ヴァイオリンソナタ 第一番  op.78 1878 年から1879年にかけてブラームス46歳の時に美しい避暑地 ペルチャハで書かれた。その風景を彷彿とさせる美しい旋律は、雨後の森や対岸の景色などを浄化していく。
 演奏直前に、いきなり国会議員のお名前でお祝のメッセージが読み上げられて、びっくりしたが、2曲目の雨の歌には引き込まれた。
 後半は、ミステリーツアーのように、小品演奏曲は何も書かれていない。マイクを持って楽器と弓を持ってはなされるうちに曲の簡単な解説、話術も妙で、次々と演奏されていく。
 8年留学されて鍛えられ、揺り籠となっているウィーンの土壌から生まれた奏法が、見えてくる。
氏の体験から学ばれた座右の銘であろう。「宗教と語学と人種の壁は、音楽によって垣根がなくなり、全てが乗り越えられる」この信念は、いまの国際社会だけでなく、本当は国内地域、学校などあらゆるところで相互に尊敬しあい、友愛の中で溶け込めるはずなのだ。
 「いま、この音楽の響き」を対話して、雨後の露が輝いて鳩尾に落ちることが音楽の余韻であろうと思う。 ブラームス、ヨーゼフ・ヨアヒム(ブラームスと親交深い)を歓迎するためにシューマン、彼の弟子アルバート・ディートリヒと分担して作曲したという フライ・ア−バー・アインザム (自由しかし孤独)のように。
 世俗に落ちず。天空から降るがごとし。

後半は、MARO 編曲が二曲。「チャールダッシュ」 はピアノも超超絶といってよいロマの典型的なもので、逆さにすれば MARO 。 マジャールのマにロマのロで日本とハンガリーの友好曲として篠崎さんが編曲されたもの。
 麻呂さんのラフマニノフのセレナーデ『祈り』と社会福祉協議会のHさんの電話口から聴こえる優しい声が今日の雨露だった。
CCE20170720_3.jpeg



posted by きりん at 00:46| Comment(0) | TrackBack(0) | コンサート聴き歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック