2017年07月15日

バーンスタイン2世紀を架ける「ミサ」 第55回大阪国際フェスティバル  大フィル70周年 マエストロミチヨシ 

新しい大阪国際フェスティバルホールが完成して、もう4年目になろうか?大阪のプロのオケでは一番古参の大フィル70周年7月定期公演に、レナード・バーンスタインの「 Mass」が二日間の内1日目を拝聴。
 マエストロは,関西近畿圏北陸では、京都市交響楽団音楽監督、アンサンブル金沢音楽監督を歴任、大阪フィルハーモニー交響楽団首席指揮者として70周年記念に、この大作を取り上げられた。 マエストロ井上が病から生還して、国内では23年ぶりに渾身の智恵と力を振り絞って生演奏されるとのことで、逃す事は冒涜でもある。などど大げさな言葉がついでてしまう。音楽を聴き出して半世紀。その半分以上は、門前の小僧以下の聴き方であったけれど、音楽サロンを開いて、音楽以外のお膳立ても多くなったけれど、その縛りの反動で何の縛りもない選曲コンサートは、平たくいえば、オーナーとしての勉強であり、私自身の生きる活力源であり、苦悩の渕を探検たり、生きる糧なのです。世界的にしられる彼の一面は、レニーと親しまれたように指揮者、ピアニストであり、かろうじてミュージカル「ウェストサイドストーリー」の曲を作った人といえば、通じるというアンバランス状態が正直な認知度である。しかし20世紀、21世紀の作曲家バーンスタインの作品を没後17年も経っているのだから、もっともっと演奏されてよいはずだ。
  「Mass」はローマカトリックの典礼ミサそのままを古典的にまた彼流に、そしてバーンスタインと詩人ストーヴン・シュオーツが、司祭や神へ民衆が強烈な懐疑と異議申し立てをテキストにオーケストラ、マーチングバンド、ジャズバンド、フォークギター、ダンサーバレリーナ達、少年合唱団、混声合唱団、18人を声楽ソリストとボーイズソプラノソロがステージで歌いうごめき、またあくまでも新たなる聖なる信仰を求めて発露する清濁混淆のダンスオペラである。
posted by きりん at 03:25| Comment(0) | TrackBack(0) | コンサート聴き歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/451813460
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック