2017年06月01日

CLARINET ONZE  これだったのだ! 時は遡り29年前。。Steve Reich← Richard Stoltzman

FullSizeRender-2.jpg
 先ずは、プログラムなど写真をアップします。 
ミニマル・ミュージックの先魁作曲家、スティーヴ・ライヒの「ニューヨーク・カウンター・ポイント」が今日のメイン。この曲はグラミー賞二回受賞の名クラリネット奏者リチャード・ストルツマンさんが、ライヒに委嘱して作られたものだ。
 ザ・シンフォニーホールで、彼のリチャード・ストルツマンのプリペイドレコーディングにご本人がオンステージで演奏するというスタイルで、これを聴いたのだった。
  思い出が甦る、、、、、今日はミラクルな日であった。
IMG_6027.JPG
FullSizeRender-1.jpg
FullSizeRender-3.jpg
FullSizeRender-4.jpg
FullSizeRender.jpg
posted by きりん at 00:06| Comment(0) | TrackBack(0) | コンサート聴き歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/450406690
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック