2017年05月29日

ハイドンマラソン 二年間完走。 5 /26(金) 2017年がスタート モーツアルト ホルン協奏曲第2番変ホ長調 とハイドン76番どっちがどっち?

タイトルは、便宜上、記憶が早く出てくる為に。
どっちがどっち?? モーツアルト27歳1783年に書かれたホルン協奏曲 第2番。変ホ長調 。ウィーンで活動をはじめて2年経った時の作品です。ちなみに彼は、ロイトゲープという仲の良いホルン奏者のために、計4つの協奏曲を書いています。

ただ今、ウィーンフィル元首席ソリスト ギュンター・ヘーグナーとウィーンフィル&カール・ベーム指揮。ウィーン楽友協会での録音を全4曲を聴いているところ。(1977、79 、79、80第2番が一番早く書かれたともいわれている。)第1番以外は、全て変ホ長調で書かれている。下記のハイドンの76番シンフォニーも変ホ長調で書かれているのは、偶然だとは思うが、この日のプログラム後半の始めに1782年ハイドン50歳の時に書かれたシンフォニー76番(Hob.l:76)も変ホ長調。 つまりハイドンがこの曲を書いた翌年に、ホルン協奏曲2番が出来ていたのだ。
そうこう書いてるうちに、 TV で、マリス・ヤンソンスが指揮して、ベルリンフィル  IN  キプロスのパフォス城をバックに屋外演奏会。
アンドレアス・オッテンザマー がウェーバー第一番協奏曲 もちろん暗譜で、アンコールはコンツ作曲 ウェーバーの主題によるハンガリー幻想曲 これは楽譜有りですが、すごーい!スター!パユ並み。ルックス含めて。一段と貫禄がでている。ホルン首席にベルリンのお兄さん役のシュテンファン・ドールが首席ホルンで乗ってました。 JCSO ホルン協奏曲水無瀬さんの事は、Facebookタイムラインにアップしましたので、ご覧下さいね。どっちがどっち?もどうぞあちらのお部屋でどうぞ!
IMG_4984.JPG


 

posted by きりん at 02:09| Comment(0) | TrackBack(0) | コンサート聴き歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/450319339
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック