2017年05月20日

小さな歴史 

U  さんからサロンコンサートのことでお電話。18日のカラビス初演の話題になり、彼女は関心を持ってくれていたので、ラリーが続く。
さすがにズザナ・ルージチコヴァ女史を知っていて、録音で聴いたことがあるという。でも日本多分最後に来られたのが、97年11月4日のようで、生演奏をしらない世代だ。
そして、夫のヴイクトル・カラビスのこと、作品に触れられる世界情勢ではなかったのだ。ついこの間20年前のことではあるが、ベルリンの壁崩壊、ソ連消滅して8年たっていたとしても、作曲家が海外へ出てその演奏をするのは中々だったのだ。
  Uさんに、1966年ごろ東欧やソ連との関係など浅学ながら、民主化言論の自由のうねりがあった「プラハの春」が押しつぶされた時代に作曲していたカラビスサンたちのことを想像しながら話したら、「そうだったんですね」「私の青春時代、レニングラード交響楽団など東の音楽家が,折り畳み傘を喜んで何本か買っていったという話しを聴いたことがあるわ。楽器も品質がよいものを」
「オケや指揮者が国外にでられるチャンスはあるけれど、作曲家は出ても食べられないですからね。」
「そうなんですね」「 U さんは、オタマジャクシの裏まで、背景にも興味を持ってプログラミングするのが好きだから」「はい、そうでないとコンサートできないたちで」「それぞれの個性あるコンサートに歴史もきっちりとたたんで行かれたらいいですね」「カラビスのクラリネットソナタいい演奏だったそうでよかったですね」「はい。また違う人がカラビス作品を取り上げて演奏してほしいです」
「貸しスタジオだけでない、ちいさな歴史を伝えていただけたら。それがたんぽぽの綿毛のように空を飛んで広がっていくことを」
  ちいさなヒストリー。 個人自慢ではなく。DNA が沁み込んでるのか、 JUBUNNGA  という蛾があるようで、それも JIBUNNGA を育てている方がそうみえてしまうらしい。
image1 3.JPG
image3.JPG
18556360_1944734105760330_7514796052528944334_n.jpg
image3.JPG
18556360_1944734105760330_7514796052528944334_n.jpg
posted by きりん at 12:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック