2017年03月15日

AGNES BALTSA SONGS MY COUNTRY TAUGHT ME     Grammophon

 アグネス・バルツァが祖国ギリシャの歌を歌う。 録音は、アテネ 1985年 11月12〜21日
アテネ・エクスベリメンタル・オーケストラ、 指揮 スタヴロス・ザルハコス、ブズーキ独奏 コスタス・パパブードス 
 ギリシャ語からの日本語訳ではない。欧米ですら現代ギリシャ語をすらすら訳せないのではないかという大意訳者のコメントがついている。 
 「くらがらく」がこの cd を買ってきたのは録音されてから、間もない頃だった。以来クラリネットやシンフォニー、室内楽、古楽を聴く中で、異色の一枚である。 しかし、ミュンヘン、ウィーン、ベルリンはもちろん世界のメゾソプラノとして当時のバルツァの実力名声は、右肩上がりに伝わって来ていたけれど、この 1枚は、mはこよなくお気に入りであった。その後、私のカー・ステレオに入ることとなり、心の友となった。
 現代ギリシャの作曲家ミキス・テオドラキス  マノス・ハジダキス が、作詞作曲をしていて、ギリシャの民族音楽の伝統ブズーキの音色が何とも言えない表現力を高めている。 ロマの娘、17歳で亡くなった郵便配達、5月に家を出てしまった息子を亡くした母、夜汽車が恋人を乗せて行ってしまった夜汽車は何を含んでいるのか? 郵便屋が17歳?日本では殆どいないであろう。 テオドラキス自身捉えられて執筆活動ができなかったという。
 しかし、バルツアは、強烈にまた柔らかく切々と歌い上げる。 

以下 プロフィール
44年生まれ ギリシャ イオニア海 レフスカ島 生まれ
 ブカレスト ジョルジュ・エネスコ国際コンクールに入賞、翌年マリア・カラス奨学金を授与され、バイエルン国立歌劇場併設のオペラ歌手養成クラスで学ぶ。オペラデビューは1968年 フランクフルト国立歌劇場で
クリスト・フォン・ドホナーニ指揮<フィガロの結婚>ケルビーノを、ウィーン国立歌劇場でオクタビアン役で絶賛された。70年ベルリンドイツオペラ 1976年 ミラノスカラ座71年ヒューストン オペラ 76年コペントガーデン 1979年メトロポリタン デビュー 
79年カラヤンと来日 86年 コヴェント・ガーデン=ロイヤルオペラ での妖艶壮絶なカルメンを演唱。

バルツァ わが故郷の歌.jpg
アグネス・バルツァ 2.jpg

posted by きりん at 01:07| Comment(0) | TrackBack(0) |  CD,LP,DVD 鑑賞のひととき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック