2017年01月21日

久しぶりのお二人 今井信子さん 波多野睦美さんを聴いてきた

波多野睦美さんを聴いたのは、山本容子さんプロデュースの cd  「エンジェルス・アイ」 三人の素晴らしいソプラノ、メゾの中で、波多野さんを聴いて、どの方もビブラートのかからない声で、素朴な音楽ゆえに、発音から歌い方まで何もかもが美しいと印象を持った。
 波多野さんのは、宮沢賢治の「星巡りの歌」「モンセラートの朱い本」が一番印象に残っていた。
ザ・フェニックスホールで、エマ・カークビーとの共演だったが、何の遜色ない素晴らしいDUOだった。

 今回もヘンデルだけで後はシューベルト マスネー 、フランク、ブラームス とロマン派に加えて20世紀のウオルトン 三つの歌 がすごく好かった。第二曲目がシャンソンやジャズの要素を取り入れて、歌詞も皮肉っぽいところを波多野さんは、自由自在に表現して、ノーブルな個性もその反対の個性も自ら演じられる人だ。
 最後のブラームスも圧巻で深いところから歌いこなしておられて、二階の最後列で聴いていたので最後のこれにスタンディングで拍手した。
  この方は童謡から、可愛い子どものような声でも、モーツアルトオペラ イドメネオの息子イダマンテでも
どんな役でもこなせる日本では数すくない貴重な方。
 関西の波多野さんファンが講師として迎えて、ノワ・アコルデ音楽アートサロンでのレッスンが約二年ほど続いて二ヶ月に一回のペースで、盛況を極めた。プロ活動している方が殆どで、波多野先生名付け親の女性声楽家の音楽グループがすぐに出来て聴かせていただいた。サロンでも波多野さんにコンサートまでしていただいて、これまた一回公演では満席になって二回公演もしていただいた。

左は山本容子さんプロデュース「エンジェルス・アイ」の中にソプラノ、メゾ三人の中に波多野睦美という歌手がいることを見つけたのです。 「モンセラートの朱い本」より、宮沢賢治の「星めぐりの歌」の素朴だが
とてもクリスタルな魅力に飽きずに聴いていたのです。
右は作曲家ピアニスト 橋悠治 とのコラボ 「猫の歌」は神戸のショットバー&カフェライブで聴いたとき買ったもの。橋さんだけサインもらって、波多野さんにはチャンスがなかったのです。
内容は反骨あり多岐に亘る。
名称未設定 2.png

posted by きりん at 00:24| Comment(0) | TrackBack(0) | コンサート聴き歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/446143488
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック