2016年11月10日

「ハイドン大学」 聴講 

「ハイドン大学」へ聴講に行きました。 「大学」って? これは、首席指揮者飯森範親さんと日本センチュリー交響楽団そして、たまにソロゲスト奏者参加で、ハイドンのシンフォニーとハイドンに影響を受けた作曲家の作品を織り交ぜて、8年或はそれ以上かけて完走しようという「ハイドンマラソン」シリーズ企画のプレ講義のことなのです。同楽団プログラム解説などでおなじみの音楽評論の小味渕彦之さんが講師。評論というと堅いイメージがありますが、意外な切り口が見え隠れして、連想が興味深いので、生の講演を聞きたいものと思っていました。
 10人少しの参加でしたが、みなさんクラシック音楽を長年聴かれているシニアの方が殆ど。
 いきなり故柴田南雄さんの交響曲「ゆく河の流れは絶えずして」昭和50年 中日新聞社委嘱作品 
  今年生誕100年。ちょうど半世紀前に作られた曲。仏教より来た無常観の最たる「方丈記」の冒頭をタイトルにした曲の2楽章を少し聴いて、ウィーン古典派を連想する箇所が見え隠れハイドンシンフォニーをパロディにしたようで意外でした。
 日本人が西洋クラシック音楽に目覚めて追いかけて来て昭和50年の頃、メタ・ミュージック(音楽史をテーマにした音楽)というジャンルを取り入れて作曲したとのこと。
  朝比奈隆氏のハイドン交響曲全曲演奏を試みた記録と挫折。その要因として当時の状況。
  カザルスホールでの新日本フィルハーモニー演奏。毎回指揮者を招聘。
1988年から始まって1991年までの指揮者記録に朝比奈隆氏も再度登場して、氏のアンコール前の長いスピーチ録音は、聴衆のどっと笑いもうかがえた挫折エピソード。
  最後に、ウィーン楽友協会大ホールにて、バーンスタイン指揮ウィーンフィルの88番「V字」をアンコールに4楽章を〇で「指揮」する映像を紹介。長年如何にウィーンフィルと相性よかったかが実証される演奏シーン。 YOUTUBE  で見られます。巨匠のお茶目ぶりと○○○○だからこそできる魅力、面白さを再発見した楽しい講座でした。 「主題労作」というドイツ語からの訳語も面白い。 古典の魅力=ハイドンの魅力 
 心身をバランスよくハッピーに導く。しかしながら曲が沢山だから、全曲演奏は並ではない企画。聴く方も気を長く持って、一曲一曲愉しむ音楽として聴けることを願っております。
この辺で。
    講師に乾杯! 

IMG_3600.JPG
posted by きりん at 00:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 美の回廊 魂の回廊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック