2016年09月30日

Century Live Collection vol.5  J.Brahms Symphony No.4 in E minor , Op. 98   3th. Feb. 2013 Japan Century Symphony Orchestra Conductor : Kazuhiro Koizumi Guest Concertmauter :Tatsuya Yabe NHk OSAKA HALL

先日、オーディオマニア(この趣味の方に天井がありませんが、私から見るとマニア)の旧友が、壊れたのを見かねてアンプと CD デッキを持って来てもらいました。
ふと出してあった  日本センチュリーライヴCDをいただいたのか、封を切って、ブラームス第4番 ホ短調を聴きました。先日第2番を聴いたばかり。
 音楽学、音楽評論の小味渕 彦之さんの解説に誘われて。。。。。。ブラームス自らこの曲を「酸っぱいサクランボ」 と形容したそうです。 実は、4年前の夏、ウィーンから単独列車に乗ってゼンメリング鉄道の手前、ミュルツツシュラークという極めてローカルな駅を下りてすぐ、この曲を創った彼の館(ブラームス記念館)を訪れているのです。ブラームス(小味渕氏解説より)1884年夏に最初に第2楽章を書いて、翌年の夏(52歳)にの夏に残りの2楽章を書いたそうです。
 センチュリー 四季コンサートは、ライブでは聴いていませんが、マエストロ小泉指揮で、好演です。
残念なことに、我がスピーカーがブックシェルフ型で、低音や細部がダンゴになってしまうところ多く申し訳ない。
 ですが、冒頭ホルンそして、3楽章のオーボエ、クラリネット、フルートなど木管がとても美しく伸びて歌っています。弦も勿論。
ミュルツツシュラーク。。。。。。舌を噛みそうで噛まない名前は懐かしく響きます。一人旅だからこそ、鮮明にのこります。
  小部屋にはテレビ受像器があって、レナード・バーンスタインが4番を振って、勿論ウィーンフィルハーモニーの演奏。 フルートはヴォルフガング・シュルツ、クラリネット ペーター・シュミードル 40代でしたでしょう。 アップで映っているのを、またレニーの指揮、オケをかなりの拝聴していました。
 中央にサロンホールがあり、今でも室内楽ができるよう。他作曲していた部屋には当時のピアノが1台か2台。
 駅のプラットホーム(改札も階段もなにもない)を下りて、歩いて2、3分しますと、お腹がでっぱったブラームスお散歩シルエット看板が出迎える入り口に、正午頃に到着したので、2時間ほどベンチで待っていたことを思い出しながら、 今晩は、JCSOの4番を聴き終えました。私は、この『酸っぱいサクランボ』好きですね。久しぶりですが、しみじみと酸味の効いたのが、合います!
もちろん1番にあげるとするなら、第1番シンフォニーですが。
 ブラームスが聴衆の反応を気にしていたこの渋い4番を2番に上げたい。「食べ難い」とも言ってたそうですが。各楽章それぞれ滋味溢れて。4楽章は、バロックの舞曲パッサカリア(シャコンヌ)も出てきて、最終はドーンと大きい建築そのもの。解説者に感謝。 お休みなさいませ。
名称未設定.png

posted by きりん at 22:30| Comment(0) | TrackBack(0) |  CD,LP,DVD 鑑賞のひととき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/442403544
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック