2020年03月24日

浪花名所図会 大坂の名所も描いていた歌川広重 

毎年送ってくるカレンダーの中で、年々貴重なのがある。
大阪商工会議所ビル内に事務所がある、公益財団法人 大阪コミュニティ財団 のカレンダーだ。
月一回ずつめくる形式で、捨てるのがもったいないほどの「大阪の至宝」がよいカラー印刷なのだ。

2019年のをご紹介しよう。

原画は歌川広重なのである。 場所は、大坂 「安立町難波屋の松」リコーダーをしている方、古楽の方なら、場所はピンと来る筈だ。

アンリュウリコーダーギャラリーさんの工房で展示ギャラリーは、この地名からつけられたから。


 Jr 天王寺、大阪メトロ谷町線天王寺駅から直ぐ、阪堺線という、昔ながらの路面電車に乗って住吉大社を過ぎた商店街があるその辺りだろうか?

広重の肉筆画を彫師、摺師の手を経て創られた版画の実物は未だ見ていないが、樹齢何百年もありそうな老松の緑と左手に見える青い茅葺き大屋根3棟の見事な構図と色合いだ。手前には物見遊山に来た人々、それも殆どが近隣の町人衆のようだ。
右から番傘を持って軽い風呂敷荷物をかついで立つ後ろ姿の男。隣には杖をつく老人。首に茶色の小袋を巻き付けて見上げている。
人一人分あけて、白い手ぬぐいで、島田髪を隠しているが、普段着か道行きの色白の女。左には、こっぽりを履いて振り袖のまだ少女のような娘を見下ろしている。娘も母を見上げて横向き。 隣には日に焼けた旅の僧侶が杖をついて和やかに松を振り返って満足気だ。
その左手の男二人連れは、より松に近づいて、何だかんだとおしゃべりが聴こえて来そうだ。そしてその左にすっかりしゃがんでる男二人。

1人は大きく口をあけ、松の上より下の奥の根っ子を見ているのだろうか。最後の左の男は右手にあごを載せて、ふむふむうなずいている。見物人はこの9人 松の添え木は、見えるだけで29本もある。黄土色の地面と緑、難波屋という大坂では、著名商人の屋敷の松を公開していたのだろうか? しかし瓦葺きではなさそうで、白い障子が松の向こうに並び、三棟が続く屋敷である。松と屋根の間を白い霞みが通り抜け、夕焼けか早朝なのか、よき空気を感じる素晴らしい版画作品だ。 主人公の松の葉が大海の波のようにうねっているが、見物人を描いた広重もきっとこの人たちにスケッチを覗きにこられて、笑って会話交わしたことでしょう。
大阪の地下鉄=今は大阪メトロ長堀橋駅構内で、10数年前だったか「浪花名所図会」がタイル壁に再現されているのをびっくりしてみた記憶がある。隠れたスポットである。近くを通る時、大阪人、そして大阪に移り住んだ方、大阪に観光に来た方が隠れた「大坂の名宝」をもっと日の当たる所へ出してみていただきたいものだ。大阪メトロ谷町線谷町4丁目下車。直ぐ NHKホールと隣接の大阪歴史博物館は、新型コロナウイルスのため、3月末の時点で会館の見通しが付かない。 大坂画壇、猿を描かせたら絶品の森狙仙の「猿」や今や世界の JAKUTYU となった伊藤若冲の珍しい水墨鶏図も全てこの博物館所蔵作品として展示されている。それがどうやら見れる確率は少なくなった。コロナウィウィルスとはマラソンのようにじっくりと時に四つに時には、そらして新旧の友と外へでたいものだ。
この松見物の人々のように。

サロンばかりにへばりついてる者を「ない時」を見計らって誘ってくださいませ。
今日の服部天竺川沿いの松並木と河岸の雪柳も中々よい取り合わせでした。寒い風でしたが松林のある幼稚園の角にはお母さんたちと子供たち。🌸はまだかいな?
安立町 難波屋の松 歌川広重.png



posted by きりん at 17:41| Comment(0) | 美の回廊 魂の回廊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月17日

「季節札幌人」のための「止まり木」蔵さんの『パリアッチ』

蔵隆司様

   なんと素敵なお祝いのプレゼントでしょうか。。。。。

   まさしく10年前の今日2006年5月1日。サロンオープニングコンサートとパーティでした。


  ただ今拝受いたしました。感極まりました(;_;) 

過分のお言葉をいただきありがとうございます。

 音楽マンションオーナーという責任あるポストについてから、かれこれ30年。

 2000年から毎夏PMF音楽祭に来札して、『季節札幌人』になっておりました。 札幌に来ると大阪とは歩幅が20センチは長くなって、胸に空気がいっぱい入って、歩いているだけで笑顔がこぼれている自分を発見しておりました。

 私にとって自分らしくなるというのは、この地にボヘミアンのように降り立ったときから始まるのだとうことを、蔵さんが一番よく見てくださっていたことが驚嘆であり、慈雨のごとく受け止めております(~ ^_^~) 

  Facebookという地球を駆け巡って友をつくり、友と再会するツールは、まさしく「千里如面」ですね。

  昔の人は、手紙のことをそう表現したように、今日はFAXでそう感じました。

  

 ノワ・アコルデが「おとぎの国」と表現してくださったのは蔵さんが初めてです。タイトルにそう書いてあって、

 蔵さん どうなさったのかしら?少女漫画にはまられた?と一瞬疑いましたが、、、、、、


  読んで行くうちに、「そうやあ、『響き合うくるみたちの館』からサロン開設は、音楽で世界を巡るおとぎの国にも玉手箱にも

   なってきたんだあ」 単純なところもある私は、不思議と納得させてもらえました。無事に続けてこられたのは、本当に奇跡だと

   いつも有り難いことと原点を見つめています。


  私とって毎夏開かれる国際音楽祭が開かれてウィーンやベルリンまでいかなくても、世界トップオケの演奏者の室内楽が聴く事ができました。またこの国際教育音楽祭アカデミー生の教授陣として、また首席演奏者としてオーケストラ演奏が聴く事ができる素晴らしいものでした。

  他府県それも関西からでも1〜2週間までくらいなら市民としても溶けこめる丁度良いサイズの札幌です。大阪出身札響の Nさんが紹介してくださった蔵さんの音楽喫茶「パリアッチ」は、いつもマッキントッシュのスピーカーから素晴らしい音楽聴こえて、音楽以外でも現代美術など自然に語れる知的な空間で円山が見え、近隣住宅には原生林が残るという空気も美味しい処。 段々と観光客ではなくなって行くのを感じてくると中島公園内の札幌きたらホールから真南にタクシーで一直線で10数分程。コンサートで出会った札幌のお友達や北大の学生さんとも行きました。

  亡夫の LPをま自宅で聴くより、音楽家やファンが集まるパリアッチさんがいいなっと思って送ると「ご主人の趣味と僕の趣味が一致しましたよ。宝物だ!」と喜んでいただいて、ホント嬉しかった。ポリーニやブレンデルなどが多かったと思います。

コーヒーを出した後に、タバコをくゆらせておられるカウンターには CDやLPが一杯。

  実は長年神奈川県知事の下芸術文化アートプロデューサーされてきた方で故郷札幌に帰って、地元札幌の音楽家をフォローしてコンサートもお仕事の合間にされているよう。

  クラリネット奏者の妻で門前の小僧だった私の経営ぶりを、評価しててくださっていることに感極まりました。



 ここ3年ほどPMF札幌には行けず、札幌への段々なくなってきたと思っていたら蔵さんのお手紙「千里如面」で、また高揚感が湧いてきたようです。

 そして、平井万佐治のレコードコレクションを蔵さんが「僕とおんなじ趣味ですね〜」と宝もののように喜んでくださって、お客様とともに、また、お客様がおられないひととき、紫煙をゆったりとくゆらせながら聴いてくださっているのだなと想像しています。

   木造ロッジのようなシンプルでオシャレなカフェは円山公園から東へ、

 原生林が一戸建てのお家にものこる閑静な住宅街の一角にあります。


 また行きたいところを再確認できて幸せです。


  ありがとうございました。             平井悦子




posted by きりん at 14:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする