2017年06月26日

大阪といえば塩昆布 とろろ昆布などなど

おはようございます。
つゆの晴れ間となりました。
北前船プロジェクトを立ち上げて、チェンバロ演奏とともに北海道と大阪、京都、北前船所縁の土地で演奏活動をされている明楽みゆきさんが北海道の新聞に掲載されています。
この北前船に運ばれて、終点大坂で発展したのが、煮昆布業。
いつどこが発祥の土地だろうかと調べてみましたら、森ノ宮駅から東南、もと細川ガラシャが自決した細川家の
越中井(台所)のあたりに石碑あることがわかりました。
よい一日でありますように。
http://hamadayori.com/hass-col/food/AokizamiKonbu.htm
posted by きりん at 09:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月22日

 弦楽五人男初顔合わせ♬

ザ・シンフォニーホールが創立35周年となる。その記念に大阪の三つのオケの弦楽首席奏者が5人集まって結成されて、初公演でした。
大坂フィルハーモニーコンサートマスター田野倉雅秋さん(第1VN)  大阪交響楽団アソシエイト・コンサートマスター 岡本伸一郎(第2 VN)  大阪フィルハーモニー首席ヴィオラ 木下雄介( VA) 日本センチュリー交響楽団首席 北口大輔(チェロ)日本センチュリー交響楽団首席 村田和幸(CB)
経歴を見ると広島がキーステーションになっておられるようですが、ともかく素晴らしいメンバーです。

 先週は、シトコヴェツキと日本センチュリーの期待に叶う以上のジョン・アダムスパロディっぽいフォックスとロット「会議は踊る」とJ.コリリアーノの「レッド・ヴァイオリン」とシューマンの交響曲台2番で、二日間、いい意味の緊張感を伴って聴いていたのでしたが、今日は、なぜか、緊張を伴わず、よい意味でOFF感覚での音楽鑑賞が一番、素晴らしい。
約1800は入るこのホールの一階部分だけを発券してコンサートが始まった。
私の漠然とした予想より、客席は埋まっており、一階部分のみが客席とすれば、8割以上は入っている模様でした。
 アイネ・クライネ・ナハトミュージック は五重奏で。 ロッシーニのチェロとコントラバスは、前からP席では、コントラバスが少し弱いと思ったので、親しみのある村田さんに、「エールを贈る意味で、ロッシーニもちょっとがんばってね!」とウィンクしておりました(笑)
音色は、みなさん素晴らしいプロフェッショナルで、ハーモニーの作り方もなかなかよく練習されているよう。
チラシをみるとリハーサルをこの世界的にも上位ランクのこのホールでされているとのことで、なんと贅沢この上ない条件ではないか。さすがにホール主催のコンサートでこそ!
コダーイの二つのヴァイオリンとヴィオラのためのセレナード は、前の2曲からは異色であるが、美しい民族音楽を入れた曲想で、今や聴き難い曲とは誰もが思わないでしょう。
休憩を挟んでドヴォルザークの弦楽五重奏曲  
 醍醐味があるのは、やはりこの曲である。曲想も大きく思弁的でもある。
アンコールは、マックス・レーガーの叙情的アンダンテ「愛の夢」
ロビーで、10月 ヴィテントーア・ムジクムとアンドレアス・オッテンザマー(クラリネット)が来るのを発見。 Kさんがこのオケのメンバーなので、即買う。 弦楽五人男の第2回目も購入して、お写真。真ん中にどうぞと言われて、恥ずかしながらも、真ん中に。(笑)
FullSizeRender-3.jpg
FullSizeRender-5.jpg
FullSizeRender-4.jpg
FullSizeRender-5.jpg
IMG_6268.JPG
posted by きりん at 01:12| Comment(0) | TrackBack(0) | コンサート聴き歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする