2017年04月23日

ブルターニュ・ケルトの民族音楽、そしてアラン・スティーヴェル

人間の脳の記憶は、不思議だ。  モーツアルトがパリオペラ座からパントマイム的なバレー曲を依頼されて、当時の座付作曲家の曲も混在する 「レ・プティ・リアン」 を聴いた。他の作曲家の曲と異なり、コントラバスが繰り返すオスティナートはアイリッシュ、ケルトの民族楽器を模倣演奏しているなと思って聴いていた。パリオペラ座周りで大道芸をして目をつけられて、毛色が変わってると座付き作曲家、楽隊として拾われたのであれば、貧しい出稼ぎ音楽家=ブルターニュ出身者もいたのではないか? と想像した。あくまでも想像である。しかもドーヴァー海峡を渡ってアイルランドやスコットランド、イングランドから来るより、自然であろう。
そうこうするうちに、私の貧しい脳回路が、70年代後半に関西日仏会館フランス語教師(現地日本雇用された)ケルベラさんというブルターニュ出身の男性教師に「フランスには、アイヌのように民族が異なる、ブルトン語がある」こと、海洋民族の音楽があること、そしてケルトのハープや小型バグパイプやオーボエに似た二枚リード管楽器を使って、現代人にも受け入れ易いロックリズムと融合させたミュージシャングループがあると紹介されたことを一気に甦ったのだった。それが、ブルターニュ出身のアラン・スティーヴェル率いるグループだった。当時は20代後半か、30代前半であっただろう。平井悦子Facebookタイムライン参照いただきたい。  utube  に掲載すると堺にお住まいの方が、このように、自分のルーツや文化などアイデンティティーが取り戻されると人々は活気づき、連携力や生産能力、独創性も向上して、フランスで2番目に貧しい地方であったブルターニュが、現在は7番目に経済的に豊かで、学力教育文化的にも発展しているという学術発表の記録を添付していただいた。
そのブルターニュ人の目覚めに一役買ったというと語弊があるかもしれないが発端となったのが、アラン・スティーヴェル始めとする音楽の力だったというものだ。
 ケルベラさんは今どこでどうしておられるのかは、分からない。でも大きな茶褐色の目で、黒いあごひげをはやして、普段は静かに話す方だったが、理想に向って連帯する姿勢は、まっすぐな方だと思えた。そんなに親しかったわけでも、話し込めるほどフランス語を習得していたわけではないけれど行動や態度でも分かるものだから。
お元気であることを祈るばかり。

 みなさまにもアラン・スティーヴェルの音楽を聴いていただきたいと願う。哀愁を帯びたアランのヴォーカルと自ら奏でるアイリッシュハープは、現代のグランドハープのようなペダルはなさそうだが、実に繊細で美しい。彼の長髪顎髭の風貌とはことなり、指は柔らかく女性的なつま弾きで、しかも椅子なしの立ち演奏なのだ。ロック編成でキーボードやドラムスもいれて、ボンバルドといわれる小型オーボエが高音を担当。

 過激な民族主義とは異なり、従来からの偏見とヘイトスピーチやディスクリミネーションに広がろうとしている非理性、フレームアップの感情とペテン的な飛躍した論理がまかり通ろうとしていることへの警鐘であり、音楽の普遍性と共通性、共感性への希望として、パリのシャトレ座やオリンピア劇場を、そして国立パリ管弦楽団が演奏するコンサート大ホールをも満席にしたのだった。そして今のブルターニュがある。漁民、農民たちの映像が最近映っていたが、 EU 離脱という内向きではない。牡蠣など魚介は、十分流通機構が発達しているので、輸出収入増が期待出来るとのコメントがあった。昔の貧困層が多いイメージから豊かな生産力を持っていることが垣間みれた。モーツアルトがパリへ行き、パトロン探しやリクルートしていたころ、当時のブルターニュ出身の出稼ぎ音楽家たちは、もし、今を見れるとしたら何というだろうか?

https://www.wako.ac.jp/_static/page/university/images/_tz0809.1ea433436bc4ec0198e9a92d1de5ce39.pdf
名称未設定 2.png



posted by きりん at 17:22| Comment(0) | TrackBack(0) | こころ旅  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする