2017年04月16日

  京都嵯峨野と中国の親睦性  亀山公園に歴史が   関西学院大学と 関西大学

4月14日 桂川(大堰川)を屋形船で渡って、対岸の嵯峨野へ花の散策をしました。
常寂光寺の「女の碑」と定家「小倉百人一首」編纂をした時雨亭の一部がここであることから訪れました。
その前に

嵐山の対岸にある亀山公園には、周恩来元首相ら日本と中国の間で「日中不再戦」の意を表す碑が建っています。長寿であった清水寺元管主大西良慶さんの揮毫によるもので、散策の折りには地図を見て御立ちよりされてはいかがでしょうか?その少し上、小高くなって、対岸の嵐山が見えるところに、京都商工会議所や留学生へのボランティアなどいろいろな団体が寄付をした日中友好の碑があります。 
 先日、ここに立ち寄った時に、京都仏教大学留学生と中国吉林大学で中国文学を教えている方から声をかけられました。留学生は、色白で笑顔が爽やかな甘いマスクのイケメン君で、日本に憧れて真面目で明るい青年でした。


 関西学院大学と関西大学の関西の発音が異なる事を片言漢語(はんゆう)で説明しました。 呉音の漢音の違いです。関西学院は呉音を取り入れているのです。 創立者が異なるので違いを判ってもらうだけです。

 現在もローマ字で書くと 
関西学院大学を
   Kwansei gakuin daigaku
  中国語 では
 クヮンシー シュエイン  ターシュエ  でしょうか?(カタカナで書くのも難しい)
  関西大学は
Kansai daigaku は → クヮンシー ターシュエ

となり、中国人の読み方からすると何も違いはないし、混乱し易いでしょうね。(笑)日本人でも殆どかんさいがくいん大学 → 「関学」が一番通っていますかしら。
そして「関大」 でとおりますね。学生スポーツ界では正にそうでしょうね。 
関学のばあい、クワンセイガクインと言う学生、先生も少ないとおもいますが、いかがでしょうか?
軽く「かんせいがくいんです。関学です」ですよね。くだらないようで、オリジナルも一応崩さないでと書きました次第です。(笑) 卒業生のはしっくれでした。

この学生さんも先生も関学を創立した、アメリカ人宣教師 ランバースがその後中国のベニスとして美しい古都として日本人にも親しまれて来た蘇州に蘇州大学を作って客死したことを知っておられませんでしたので紹介。
関学は今も創立125周年に、当時のアメリカ人女性学院長が友好訪問されたと聴いております。
友好大学ではないでしょうか?調べてみてくださいね
吉林大学も、25年程まえに北京より北東へ列車でいった承徳で、関学の学生に出逢いました。吉林大学で夏期休暇を過ごした帰りだそうで、当時は承徳で出会った唯一の日本人でした。
吉林大学とも友好しているようですよ。卒はしくれより。
posted by きりん at 11:28| Comment(0) | TrackBack(0) | こころ旅  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする