2017年01月21日

久しぶりのお二人 今井信子さん 波多野睦美さんを聴いてきた

波多野睦美さんを聴いたのは、山本容子さんプロデュースの cd  「エンジェルス・アイ」 三人の素晴らしいソプラノ、メゾの中で、波多野さんを聴いて、どの方もビブラートのかからない声で、素朴な音楽ゆえに、発音から歌い方まで何もかもが美しいと印象を持った。
 波多野さんのは、宮沢賢治の「星巡りの歌」「モンセラートの朱い本」が一番印象に残っていた。
ザ・フェニックスホールで、エマ・カークビーとの共演だったが、何の遜色ない素晴らしいDUOだった。

 今回もヘンデルだけで後はシューベルト マスネー 、フランク、ブラームス とロマン派に加えて20世紀のウオルトン 三つの歌 がすごく好かった。第二曲目がシャンソンやジャズの要素を取り入れて、歌詞も皮肉っぽいところを波多野さんは、自由自在に表現して、ノーブルな個性もその反対の個性も自ら演じられる人だ。
 最後のブラームスも圧巻で深いところから歌いこなしておられて、二階の最後列で聴いていたので最後のこれにスタンディングで拍手した。
  この方は童謡から、可愛い子どものような声でも、モーツアルトオペラ イドメネオの息子イダマンテでも
どんな役でもこなせる日本では数すくない貴重な方。
 関西の波多野さんファンが講師として迎えて、ノワ・アコルデ音楽アートサロンでのレッスンが約二年ほど続いて二ヶ月に一回のペースで、盛況を極めた。プロ活動している方が殆どで、波多野先生名付け親の女性声楽家の音楽グループがすぐに出来て聴かせていただいた。サロンでも波多野さんにコンサートまでしていただいて、これまた一回公演では満席になって二回公演もしていただいた。

左は山本容子さんプロデュース「エンジェルス・アイ」の中にソプラノ、メゾ三人の中に波多野睦美という歌手がいることを見つけたのです。 「モンセラートの朱い本」より、宮沢賢治の「星めぐりの歌」の素朴だが
とてもクリスタルな魅力に飽きずに聴いていたのです。
右は作曲家ピアニスト 橋悠治 とのコラボ 「猫の歌」は神戸のショットバー&カフェライブで聴いたとき買ったもの。橋さんだけサインもらって、波多野さんにはチャンスがなかったのです。
内容は反骨あり多岐に亘る。
名称未設定 2.png

posted by きりん at 00:24| Comment(0) | TrackBack(0) | コンサート聴き歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月09日

服部天神 参詣しました 服部恵比寿さん→ 豊中恵比寿さんへ名称が何年か前から変わっています。

服部緑地公園近くの方から、お電話。服部天神へ恵比寿さんのお参りに車で来られた方から。駐車場が一杯とのことで、サロンに止めていただき、御一緒させていただきました。
 どの鳥居も長い列でしたが、80歳を越えて矍鑠とされているご主人とお話しながらでしたから、すぐに本殿まで。
  御孫さんは、金魚すくいに興じておられ、暫し微笑みながら見ておりますと、黒の出目金さんも沢山入っていました。和やかなお正月を味わいました。
たい焼き屋さんにはこんな帽子ができてるのですね😊
IMG_4265.JPG
posted by きりん at 16:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月08日

近々のサロンコンサート2つ。ロンドンからパリから。。。。。。そして93年11月22日〜27日東京 

昨年10月、コンサートが終わってホッとしていたら、電話。携帯の液晶画面には、+がついた電話番号からの電話。ロンドンから「チェンバロコンサートをしたい」と。これが林美枝さんであった。
年明けて一番が、林さんの cdリリース記念コンサートとなった。詳細プログラムは、平井悦子のFacebookタイムラインに書いたので参照していただくことにして。雨の中、満席となって会場は、冷房がいるほどの熱気。オーナーは、床暖房も消しても、センスを使う方もあり。チェンバロのためには送風もしたくはないけれど高齢の方で気分悪くなる方がでないかと懸念する。
林さんが選んだプログラムは前半フローベルガー。大バッハが彼の曲を沢山写譜をしたという位、影響を与えた重要人物なのだ。

posted by きりん at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする