2016年07月29日

生誕300年記念 フェルメールと共通するこの画家に会いに行く

いきなり、申し訳ありませんが、「ジャクチュージャクチュー」と東京では、大変だったそうで。
 
1716年生まれ1800年没 享年84歳  この間にモーツアルトが生まれ没していたのですが、日本は
江戸中期。天下太平。大坂商人の中には、木村蒹葭堂という大商人で破格の博学、文化人が輩出。画家などとの交流で文化サロンが出来ていたという。京都でも、伝統の狩野派だけでなく、太平の世の中では、本流から外れた異端をも認めるという自由性が普通になりだした。
 その中でひときわ自分の個性と技法を打ち出したのが、錦小路の市場内の青物商「桝屋」の伊藤家の長男でした。
40歳で家督を次男に譲って、絵で食べる職業とする必要もなく、極上の絵の具を惜しげもなく使い、題材もオランダ船から荷揚げされた珍種の動植物までをも、変幻自由な境地に立って制作を続けていたのですね。現代20世紀から21世紀初め、つまり少しまえまでは、異端とも奇才とも冠につけられていました。彼が活躍した時代、京都平安人物史では、丸山応挙初め5指の中に入るほどに認められていたのです。もちろん画風は大変ユニークと思われながらも。四国金比羅宮での寄進画(襖絵などもまた絶品)が証明。
 その彼の作品を見続けて、40数年。歳月だけは長いですが、やはりこの時間だけはかけがえないかと存じます。

相国寺は彼に取って大切な寺。70歳で30幅の「動植彩絵」を寄進者として制作。3幅の釈迦三尊は、直筆作品と再会。
前者は、実際には明治の廃仏毀釈の難を逃れるために30幅をそっくり皇居へ寄贈していますので、今回は
日本ならではの印刷技術「コロタイプ印刷」でコピーとは思えない真筆そのもののような同30幅を
長蛇の列もなく、ゆっくりと鑑賞しました。見る価値あり。その後細見美術館所蔵の水墨画大半と着色画
も、かなりおなじみになっている仔犬と帚と鼠の婚礼宴会など可愛いテーマや特異の群鶏図でも、墨のみの特性を活かした屏風、軸物の秀逸作品。一気描きの頂点を超える彼の技術の根底には、人間の男女家族をも擬人化したというと語弊があるかもしれませんが、鶏の世界でもかと思わせるユーモアの精神が宿ております。一気描きは達磨などよくありますが、こまめに動く鶏のアクロバティックな姿態と羽の色分け、質感まで描くこのワクワク感!
 景和・若冲・斗米庵と対話しました。
CCE20160729_2.jpeg

 
posted by きりん at 00:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 美の回廊 魂の回廊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月24日

それとは知らず。。。「コンサートマスターから見たバイロイト祝祭の変遷』 Bernhard Hartog

昨年秋、ノワ・アコルデ音楽アートサロンで、日本ワーグナー協会関西例会を開かれましたが、先日タイトルに書いた企画で西宮北口駅前、兵庫県立芸術文化センターホールとは反対の北口側の ACT  内 西宮市大学交流センター会議室にて、関西例会があることを知り、興味深く参加させていただいた。
講師は、ベルリンフィルを経て、1987年から2014年まで、バイロイト祝祭管弦楽団コンサートマスターを務められたベルンハルト・ハルトーク氏で、ほぼ時系列に、ご自分が出演された時の演目と指揮者演出家をメインに、動画、 CD 録音を挟んで解説し、当時の模様、歌手たちの健闘ぶりや、印象に残ったエピソードなどを語っていただいた。
 質疑応答も長年ワーグナー楽劇を聴いて来た方達の質問で、興味深い質問が、次々と出ました。
 最後の参加者から「沢山の指揮者の下でされてきましたが、どの指揮者がやり易いと思われましたか?」
の質問に、、、、、、、
  「コンサートマスターの仕事は、指揮者と最大限に最善の音楽を作り出し、オーケストラとつないで行く仕事ですので、事前の風評や個人的判断や好悪を表すことは、最悪の状態を作り出す事であり、イメージで判断しないことです。 印象に残り、尊敬しているのは、ピエール・ブーレーズがとてもスマートなパルジファルをしました。」ブーレーズは 2004年 79歳の時でしたが、終始立ったまま指揮をしました。
 解釈として、ジェイムス・レヴァインよりも30分も短かったのですが、それを感じさせないですべてのパートがよく聴こえました。 ジェイムス・レヴァインよりも30分も早かった。
  14時〜17時まで休憩を挟んで3時間に及びましたが、本番をリハをともにしたコンサートマスターだったかたの回想でもあり、貴重なものでした。ノワに来ていただいたワグナーファン、ペーター・シュミードル氏クラリネット五重奏に来ていただいた方ともお話できて、とてもエキサイティングでした。
 後の二次会には参加できませんでしたが、駅までの間、英語でちょっとお話。。。。。
 なんと昨日から佐渡オペラ、ベンジャミン・ブリテン「夏の夜の夢」でコンサートマスターでオケピに入っておられるのです!💓
 「わ、そうでしたか!私は初日の昨日、ほら(プログラムを見せて)聴いたのですよ。素晴らしかったです!」「そうですか。来年3月も来ますよ」「もしや、ウィーンフィルだったヴァイオリンの方も入っておられませんか?」「Peter ......Weachter .....? 」「そうです。ヴェヒターさんによろしく御伝えください」
 なんかいい偶然でした。 梅田まで、ゲーテ・インステテュードの職員だった女性とも一緒になり、ハインツ・ホリガーのことやら、昔、グロピウスやヨハネス・イッテン、カンディンスキー、パウル・クレーらのバウハウス運動の記録の講演を大阪校で聴いたことなど電車の中で会話が弾みました。やっぱり行きたいものには行くものですね。朝から新しい方との対話もあり。また阪急宝塚泉車内で、高本一郎さんにばったり出会い、いいびっくりポン連続でした。
夏の夜の夢 ブリテン 佐渡オペラ.jpeg
名称未設定.png
CCE20160723.jpeg


 
posted by きりん at 00:51| Comment(0) | TrackBack(0) | コンサート聴き歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月17日

私のお気に入り  女優 ヘレン・ミレン  マリア・アルトマンを演じる そして女が女に一目惚れ ロザリンド役のヘレン「お気に召すまま

いいコンサートやサロンでのいい出来事、書き停めておきたい事いっぱいあるので、先を急がねば。。。。。
学生時代に見た名画「渚にて」をDVDで見て、内容はもちろん、グレゴリー・ペック、アンソニー・パーキンス、フレッド・アステアの外見だけでなく、人格が湧き出る粋、意気を感じて、映画に目が耳が行く。
 タイトルが2つもあってややこしいのですが、アデーレ 黄金の女 =つまりグスタフ・クリムトに描かれた
アデーレの姪を演じているヘレン・ミレンに惚れ直しです。そもそもヘレン・ミレンを初めて演技で見たのは、 BBC 放送制作のシェイクスピア劇場が日本のテレビに上陸。第一回目が、「お気に召すまま」で、白黒でしたが、兄王の娘、ロザリンドを演じていたのが、ヘレン・ミレンだったのです。喜劇で、場所は、王宮から外れて追放された、父王が住むアーデンの森へ従妹のシーリアと彼女は男装をして脱出、そこで沢山の恋が生まれ、示唆にとんだ台詞とシェイクスピア劇中音楽が奏されるとってもファンタジーなドラマですね。
  70年代終わりでしたから、彼女は30になる前で女盛り。
昨日見た、マリア役でwikiを再検索すると、1945年生まれ。 向こうの方は、小じわが多いのは乾燥しているからなのですね。
それはともかく、エリザベス女王を演じてディムの称号をもつヘレン。テレビの女刑事役もポピュラーにもすれば、女王もぴったり。 同じくイギリスのシェイクスピア俳優の両親に持つバネッサ・レッドぐレイヴは9歳年上。ヘレンは、ロシア人を父に持つことを知ったのですが、二人とも、自ずとディクニティを醸し出していて、
そして、血の気もない鉄ではなく、ヒューマニズムと人情も併せ持つ。
 ともかく私の中のヘレンは30代前のまだ可愛い男装の麗人でありましたが、映画「アデーレ・黄金の女」では、ナチに両親、芸術品家財全てを奪われて
夫とアメリカへ亡命、今は未亡人となってアメリカで小さなブティック一人で経営してる老夫人役。
 グスタフ・クリムトの名品中の名品のモデル、アデーレを叔母に持つ女性が、オーストリア国を相手に裁判を起こして、クリムト名作を自分の物にしたことは、ある方より聴いておりましたが、よく真意がわからぬままで打棄っていたのです。
 が、ヘレン・ミレンがその姪を演じていることで、借りてみたというわけです。
  アドルフ・ヒトラーというオーストリア生まれの青年が、ウィーン造形芸術大学受験を失敗して、政治の世界へ入りナチという政党を合法的に台頭させてユダヤ民族を一掃するという悲劇はオーストリアでもウィーンがその中心地でも会った時代。いまもホロコーストの犠牲になった人々の名前を書いたメモリアルが市内の広場に立てられています。
  マリアは若き弁護士とともに、お金がほしくて裁判を起こすのでしょうか?オーストリア政府と? 莫大な費用と労力。80歳を超えていた老婦人が、過去を振り返る? 叔母や両親への愛? 一言ではかけない、見応えのある映画です。 
   いえ事実をもとに映画化されたものです。全て事実とは言えない伏せなければならないところはあるでしょう。勝訴となっても彼女は豪邸にも移らず、親族を助け、寄付をして94歳まで生きたとタイトルバックにあります。ベルベデーレ宮殿(ナチが、マリアの両親(叔母夫婦も同居)から略奪した名画美術品を戦後そのままオーストリア政府のもととして、変換されることがなかった)から彼女の元へ返り、アデーレ像はニューヨークの画廊でいつも公開されることというマリアの条件付き遺志によりいつでみられるとのことです。
戦争や独裁政治の犠牲となったのものには芸術工芸作品もしかりです。
images-2.jpeg
images-2.jpeg
images-1.jpeg
images.jpeg

posted by きりん at 00:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 美の回廊 魂の回廊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする