2016年01月22日

1月のブラームス vn 協奏曲 イザベラ・ファウスト とバルトーク「オーケストラの為の協奏曲」飯森範親指揮 

<日本センチュリー交響楽団 1月定期 ブラームス ヴァイオリン協奏曲.pdf>
日本センチュリー交響楽団 1月定期 ブラームス ヴァイオリン協奏曲 イザベラ・ファウスト (Vn)
バルトーク「オーケストラのための協奏曲」指揮飯森範親
イザベラ・ファウスト と名器ストラディバリウス とセンチュリーバックに堪能 しました。期待以上でした。
バルトーク 「管弦楽のための協奏曲」は、LP時代から聴いていたので(門前の小 僧としてですが、当時日本のオケではなかなか聴けなかった時代でした)、私のお 気に入り。期待していましたが、先日は本当に、「ホンバモン」 をほんまもんで、 聴かせてもらいました。 飯森さん暗譜でしたね。この変拍子多い曲に暗譜は当然と気づきます。これも御得 意に入りましたね。 夫々の逸材(優れた食材を把握して)を素晴らしく引き出して料理したマエストロ を昨日は讃えたいと心底思いました! (いつもですけれど、ドイツ正統派の曲とは違う意味で)
二楽章トロンボーンのソロ近藤さん、良かった。バストロは笠野さん、女性です ね。 小曲君にもロビーで会いましたので、大直球を楽しみにしていますと握手し てしまいました(笑)チューバの近藤君もノワに深澤さん(CB)の時に来てくだ さったのです。先日は皆さん大爆発でしたね。 バルトークの「哄笑」表現が一番上の􏰀な壇で爆発していましたね。 松浦さん初め第一ヴァイオリンのナイフで切り裂くような音色も􏰁っくりポンで した。ヴィオラとコントラバスのところも美しかったです。ヴィオラの清水さんも 「この曲を初めて聴いてジャズみたいと感動してすぐ音源を買いました」と目をキ ラキラ輝かして言われてました。聴衆とのとても幸福な一瞬です。
T .T .ポルカは、ご愛嬌でした(笑)ホンバモン毎年聴いてますから(笑)
posted by きりん at 01:57| Comment(0) | TrackBack(0) | コンサート聴き歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする