2015年08月31日

実年齢 − 体力年齢= 10 ホント?想定外!

  今日は、小雨降る1日。湿度は高いけれど、しのぎやすい日。
 想定外のことが、続いていて、一つは手前で解決できる算段ができたのですが、一つは、そうではないこと。
しばらく様子を見てからでは、遅れをとってはいけないなあ。。。
  こういうときこそ、体を動かすことで、気分転換。筋肉トレーニングしてから、インストラクターさんに体力チェックしてもらいました。
なんと前回(6月)より、ウエストなど数値が1a以上すくなくなって、体脂肪も減っていました。
体重も少し減ってます。筋力は少し増えてました。 体脂肪が減って、筋肉が付いて、体重が減るか維持が理想的なのだそうです。トレーニングに通いだして、丁度一年。まだまだ、新陳代謝がよい体とはいえないですが、体力年齢が、2歳若くなってるという結果がでました。実年齢より、10歳若い。。。。。。
 別のインストラクターさんに「大げさにいうほどではないけれど、、、、」というと、「悦子さん、努力の結果ですから、多いに喜びましょう!その方がまたやろうって気になりますから!」素直に素直に。。。「ありがとう」 気持ちも体も軽くなってます。 
posted by きりん at 21:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月13日

遠くなったmの恩師へ、沢山の方への感謝の気持ちを

mの恩師がご自宅ではなく、ホームへ入られたと聞いているのですが、場所を聞くのは、はばかられる雰囲気。なぜなのだろう。
残暑見舞いを手書きにしたほうがよさそう。
あの人この人を思い出して、また日常の忙しいな中
 に入っていく。

 夜は親戚の家へ、お供えを持っていく。




posted by きりん at 22:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月08日

小さいステージに、大きな空間演出 小さいステージに、大きな空間演出 小さいステージに、大きな空間演出

  実際は小さいステージに、大きな空間演出 洗練されていました。

猛暑の記録更新する中、びわ湖中ホールでの『竹取物語』初日。初日なので、明日行かれる方のために
具体的には控えたいのだけれど。伸ばすと書く機会を逃すので。。。。結論的に、小さいと思わせない洗練された空間作りだった。
 中ホールは初めてだった。
 2階席も入れて600席くらいだろうか?
それにあわせて、ステージが想像していたより小さい。 
  しかし紗幕に竹林と翁、向こうに月。よく構成された舞台演出。伝統的な漆と金箔の草花の仕切り 
 中央の大きな銀の月と竹をイメージした、モビールのように宙づりされて控えめ。 

コーラスは、ステ−ジ上下中間左右に黒子のような衣装で整然と連座して、主人公たちに邪魔をせず狭いステージに効果的に配置。

かぐや姫が月に帰る道も上へ登るのでなく、黒い壁のような幕が開いたと思うと、羽衣を付けた姫が銀色の通路のような箱を引き込まれ、紗幕に赤富士が現れて舞台両脇の帝、翁媼の嘆きのアリアで終わる。
ざっと舞台演出の記憶より。 

わかりやすい台本作曲。 前半は、現代女性の自由、自立を選ぶ結婚観をかぐや姫にも。(中断)


posted by きりん at 22:46| Comment(0) | TrackBack(0) | コンサート聴き歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする