2020年03月24日

浪花名所図会 大坂の名所も描いていた歌川広重 

毎年送ってくるカレンダーの中で、年々貴重なのがある。
大阪商工会議所ビル内に事務所がある、公益財団法人 大阪コミュニティ財団 のカレンダーだ。
月一回ずつめくる形式で、捨てるのがもったいないほどの「大阪の至宝」がよいカラー印刷なのだ。

2019年のをご紹介しよう。

原画は歌川広重なのである。 場所は、大坂 「安立町難波屋の松」リコーダーをしている方、古楽の方なら、場所はピンと来る筈だ。

アンリュウリコーダーギャラリーさんの工房で展示ギャラリーは、この地名からつけられたから。


 Jr 天王寺、大阪メトロ谷町線天王寺駅から直ぐ、阪堺線という、昔ながらの路面電車に乗って住吉大社を過ぎた商店街があるその辺りだろうか?

広重の肉筆画を彫師、摺師の手を経て創られた版画の実物は未だ見ていないが、樹齢何百年もありそうな老松の緑と左手に見える青い茅葺き大屋根3棟の見事な構図と色合いだ。手前には物見遊山に来た人々、それも殆どが近隣の町人衆のようだ。
右から番傘を持って軽い風呂敷荷物をかついで立つ後ろ姿の男。隣には杖をつく老人。首に茶色の小袋を巻き付けて見上げている。
人一人分あけて、白い手ぬぐいで、島田髪を隠しているが、普段着か道行きの色白の女。左には、こっぽりを履いて振り袖のまだ少女のような娘を見下ろしている。娘も母を見上げて横向き。 隣には日に焼けた旅の僧侶が杖をついて和やかに松を振り返って満足気だ。
その左手の男二人連れは、より松に近づいて、何だかんだとおしゃべりが聴こえて来そうだ。そしてその左にすっかりしゃがんでる男二人。

1人は大きく口をあけ、松の上より下の奥の根っ子を見ているのだろうか。最後の左の男は右手にあごを載せて、ふむふむうなずいている。見物人はこの9人 松の添え木は、見えるだけで29本もある。黄土色の地面と緑、難波屋という大坂では、著名商人の屋敷の松を公開していたのだろうか? しかし瓦葺きではなさそうで、白い障子が松の向こうに並び、三棟が続く屋敷である。松と屋根の間を白い霞みが通り抜け、夕焼けか早朝なのか、よき空気を感じる素晴らしい版画作品だ。 主人公の松の葉が大海の波のようにうねっているが、見物人を描いた広重もきっとこの人たちにスケッチを覗きにこられて、笑って会話交わしたことでしょう。
大阪の地下鉄=今は大阪メトロ長堀橋駅構内で、10数年前だったか「浪花名所図会」がタイル壁に再現されているのをびっくりしてみた記憶がある。隠れたスポットである。近くを通る時、大阪人、そして大阪に移り住んだ方、大阪に観光に来た方が隠れた「大坂の名宝」をもっと日の当たる所へ出してみていただきたいものだ。大阪メトロ谷町線谷町4丁目下車。直ぐ NHKホールと隣接の大阪歴史博物館は、新型コロナウイルスのため、3月末の時点で会館の見通しが付かない。 大坂画壇、猿を描かせたら絶品の森狙仙の「猿」や今や世界の JAKUTYU となった伊藤若冲の珍しい水墨鶏図も全てこの博物館所蔵作品として展示されている。それがどうやら見れる確率は少なくなった。コロナウィウィルスとはマラソンのようにじっくりと時に四つに時には、そらして新旧の友と外へでたいものだ。
この松見物の人々のように。

サロンばかりにへばりついてる者を「ない時」を見計らって誘ってくださいませ。
今日の服部天竺川沿いの松並木と河岸の雪柳も中々よい取り合わせでした。寒い風でしたが松林のある幼稚園の角にはお母さんたちと子供たち。🌸はまだかいな?
安立町 難波屋の松 歌川広重.png



posted by きりん at 17:41| Comment(0) | 美の回廊 魂の回廊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月17日

「季節札幌人」のための「止まり木」蔵さんの『パリアッチ』

蔵隆司様

   なんと素敵なお祝いのプレゼントでしょうか。。。。。

   まさしく10年前の今日2006年5月1日。サロンオープニングコンサートとパーティでした。


  ただ今拝受いたしました。感極まりました(;_;) 

過分のお言葉をいただきありがとうございます。

 音楽マンションオーナーという責任あるポストについてから、かれこれ30年。

 2000年から毎夏PMF音楽祭に来札して、『季節札幌人』になっておりました。 札幌に来ると大阪とは歩幅が20センチは長くなって、胸に空気がいっぱい入って、歩いているだけで笑顔がこぼれている自分を発見しておりました。

 私にとって自分らしくなるというのは、この地にボヘミアンのように降り立ったときから始まるのだとうことを、蔵さんが一番よく見てくださっていたことが驚嘆であり、慈雨のごとく受け止めております(~ ^_^~) 

  Facebookという地球を駆け巡って友をつくり、友と再会するツールは、まさしく「千里如面」ですね。

  昔の人は、手紙のことをそう表現したように、今日はFAXでそう感じました。

  

 ノワ・アコルデが「おとぎの国」と表現してくださったのは蔵さんが初めてです。タイトルにそう書いてあって、

 蔵さん どうなさったのかしら?少女漫画にはまられた?と一瞬疑いましたが、、、、、、


  読んで行くうちに、「そうやあ、『響き合うくるみたちの館』からサロン開設は、音楽で世界を巡るおとぎの国にも玉手箱にも

   なってきたんだあ」 単純なところもある私は、不思議と納得させてもらえました。無事に続けてこられたのは、本当に奇跡だと

   いつも有り難いことと原点を見つめています。


  私とって毎夏開かれる国際音楽祭が開かれてウィーンやベルリンまでいかなくても、世界トップオケの演奏者の室内楽が聴く事ができました。またこの国際教育音楽祭アカデミー生の教授陣として、また首席演奏者としてオーケストラ演奏が聴く事ができる素晴らしいものでした。

  他府県それも関西からでも1〜2週間までくらいなら市民としても溶けこめる丁度良いサイズの札幌です。大阪出身札響の Nさんが紹介してくださった蔵さんの音楽喫茶「パリアッチ」は、いつもマッキントッシュのスピーカーから素晴らしい音楽聴こえて、音楽以外でも現代美術など自然に語れる知的な空間で円山が見え、近隣住宅には原生林が残るという空気も美味しい処。 段々と観光客ではなくなって行くのを感じてくると中島公園内の札幌きたらホールから真南にタクシーで一直線で10数分程。コンサートで出会った札幌のお友達や北大の学生さんとも行きました。

  亡夫の LPをま自宅で聴くより、音楽家やファンが集まるパリアッチさんがいいなっと思って送ると「ご主人の趣味と僕の趣味が一致しましたよ。宝物だ!」と喜んでいただいて、ホント嬉しかった。ポリーニやブレンデルなどが多かったと思います。

コーヒーを出した後に、タバコをくゆらせておられるカウンターには CDやLPが一杯。

  実は長年神奈川県知事の下芸術文化アートプロデューサーされてきた方で故郷札幌に帰って、地元札幌の音楽家をフォローしてコンサートもお仕事の合間にされているよう。

  クラリネット奏者の妻で門前の小僧だった私の経営ぶりを、評価しててくださっていることに感極まりました。



 ここ3年ほどPMF札幌には行けず、札幌への段々なくなってきたと思っていたら蔵さんのお手紙「千里如面」で、また高揚感が湧いてきたようです。

 そして、平井万佐治のレコードコレクションを蔵さんが「僕とおんなじ趣味ですね〜」と宝もののように喜んでくださって、お客様とともに、また、お客様がおられないひととき、紫煙をゆったりとくゆらせながら聴いてくださっているのだなと想像しています。

   木造ロッジのようなシンプルでオシャレなカフェは円山公園から東へ、

 原生林が一戸建てのお家にものこる閑静な住宅街の一角にあります。


 また行きたいところを再確認できて幸せです。


  ありがとうございました。             平井悦子




posted by きりん at 14:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月02日

2017年5月 ヴィクトル・カラビス クラリネットソナタ 日本初演 @ノワ・アコルデ音楽アートサロン ヴィクトル・カラビス&ズザナ・ルージイチコヴァー財団より正式公認されました。

ueda_1s.jpg
image3.JPG
18556360_1944734105760330_7514796052528944334_n.jpg
2017年5月 ヴィクトル・カラビスのクラリネットソナタが、 日本初演 (@ノワ・アコルデ音楽アートサロンとの共催。)
ヴィクトル・カラビス&ズザナ・ルージイチコヴァー財団より正式公認されました。
妻のズザナ様が大変喜んでくださって、上田希さんのコンサートチラシ@ノワ・アコルデ音楽アートサロンが、財団公式プログラムに掲載されました。ルージチコヴァー女史は、日本へはヨーゼフ・スークと何度も来日公演し、世界的に認められた著名チェンバリストで教育者。
最後まで後進を世界のトップチェンバリストに育て上げた方です。

posted by きりん at 13:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月19日

クラリネット奏者 岩井秀昭さんご冥福を御祈りします。

どうしても、書いておかねばという思いで書かせていただきます。
  2020年1月15日に亡くなられたクラリネット奏者 岩井秀昭さんのお葬儀(1月18日)に参列しました。
 1950年生まれ。 岩井秀昭さんは、亡夫と同じ大阪教育大学(当時は大阪学芸大学)特設音楽課程卒で、在学中重なってはいませんでしたが、「『特音』に優秀なクラが入った」ということで、当時は未だ池田市に所在していた分校でしたので、オーケストラの仕事の前後に訪問したり、拙宅へ招いて音楽のことで互いに夢中になってる二人でした。本当にお互いに気が合って頼りにする後輩でおられました。
 岩井さんが卒業してすぐにベルギーのアントワープ王立音楽院に留学するときに大阪空港まで見送りに行った記憶があり、留学中も彼からの航空便が楽しみでした。伴侶の典子さんも、亡夫には後輩になるので、その頃から私達は50年に亘るおつきあいです。 岩井さんは、アントワープ音楽院ではクラリネットはワルター・ボイケンス教授に師事され帰国後もベルギーや韓国など国際的にクラリネット交流に尽力されてました。
 具体的には、教えておられた大阪芸大と信愛学院の卒業生で構成された「クラリネットクワイヤー」という名前で沢山の後進を育てられ、「関西クラリネット四重奏団」のリーダーとしても活躍されていました。
  その cdの他に阪神淡路大震災に寄せる『 Life for  Japan 』という cdも刊行されています。
  お葬式では沢山の音楽界、大学関係、お弟子さん、友人の方々が参列されて、息子さんが「父はいつも音楽を楽しんでみなさんと接していたので、悲しまないなんてことは皆さんないと思いますが、そんな父を思い出しておくっていただけると喜ぶと存じます」とのご挨拶に感動いたしました。
  ご冥福を御祈りいたします。 
       
  
posted by きりん at 16:02| Comment(0) | Facebook | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月02日

日本舞踊と TSUKEMEN

藤間蘭黄 プロフィール.png
69841348_2490244777728400_536300699256881152_n.jpg
CCE20190902.jpeg
   日本舞踊家のお身内の方から勧めていただいて、予定日ギリギリに、チケットを予約して拝聴した。
 いわゆる阪急「にしきた」=クラシック音楽・演劇・芸能の殿堂となった兵庫芸文センターの最寄駅に到着して、着席して聴いたのは前半ツケメン「ラ・カンパネラ」が終わった後、「真田組曲」からであったが、逆に、日本舞踊とヴァイオリン二挺とピアノ3人と3人のコラボを集中して聴く事ができた。
  日本舞踊というと、筆者の幼児の頃からつい数年前までは、関西では、各流派のおさらい会や流派だけの師匠の会の事を想像していたが、それが打ち破られたのが、藤間蘭黄師を初めとする東西各流派の御曹司様方で、「初めての日本舞踊」というシリーズだった。しかし内容は別に間に解説が入るわけでもなく、子供向きでもなく、むしろ古典を変り振り付けした三番叟であったり、モーツアルトの「フィガロの結婚」を江戸時代の髪結床屋の男と町娘の恋に横恋慕する旦那のドタバタ芝居を舞踊という言葉がない世界に取り入れて、狂言仕立ての新作舞踊を何度か拝見していたものだから、あのTSUKEMENが伝統芸能に新しい息吹を吹込む”トリオ”とコラボするので、何とか見に行こうと腰をあげた次第。
  日本舞踊は、能、狂言の舞や歌舞伎の劇中の舞を取り入れているから大抵は華やかな衣装に身をまとった女形や伊達男が登場するとは反対で、
黒紋付に袴と舞いの小装具としては白銀の扇子のみのシンプルな出で立ち、それで正装で TSUKEMEN の演奏に乗って舞うのである。会場に設えられた檜の舞台と金屏風を背景に、ツケメンのヴァイオリンとピアノは、プログレロックに近く温度は別府温泉の血の池地獄のようである。西洋楽器のツケメンは昭和人というより明らかに昭和終りの平成人。 日本舞踊家が中年というか舞踊界をしょって立つ昭和人でも東京オリンピック前後世代と見える。ロンドンへバレーやモダンダンスを学ぶ留学した家元ご長男もおられる。西川箕之助、花柳基、そして藤間蘭黄だ。ツケメンはクラシックの音楽大学を卒業にして今や純クラシックでもないがしかしポップスでもない TSUKEMEN-道を確立して国内で満席喝采を浴びていることがプログラムで知る。
 蘭黄 構成の『 THREE』 は、5つに構成振り付けされているが、先ほど書いたように衣装は、全く伝統的な黒紋付きに袴に舞扇子を2つに手さばきよく、或るいは、3人で月に見立てるなど自然の気配や武器に見立てたり。
 白い足袋が、細やかにある時は激しく白い線を書くように、またきりりとしたパーカッションに変身する。之が西洋舞踏にはない特異な足芸である。ツケメンが2015年3月、ウィーン楽友協会大ホール黄金の間で満席の中大成功を収めたとの事で、シェーンブルン宮殿などでのコラボですれば、どんな反応が返ってくるだろうか? 日本舞踊が若いトリオにこびるでもなく正統派を貫いて、ヴァイオリンやピアノ
を三味線や笛太鼓のように舞い合わせ舞い散るがごとくに、勇壮であり、また艶でもある。 今日は、何の贔屓目もなく吸い込まれて1つになったような客席は、よく見ると殆どが女性であったことに最後に気づいた次第。着物姿もちろんあちらこちらであったが、日本舞踊初めての方も多く、伝統の型をしっかりと守って、それを打ち破る美を新旧世代から一杯の光を感じた次第。  誘ってくださった奥様であり、バレー評論家である T さんとほんの少し会談。面白さの本質が見える素敵な時間だった。

  
   
posted by きりん at 02:46| Comment(0) | コンサート聴き歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする