2018年02月03日

チェンバリストと調律師の響き合い  〜節分のフレスコバルディ〜

我が小さな音楽サロンで、こんなにチェンバロの終音が響いたことがあるだろうか?
自分の耳を確かめながら聴いていた。
八島優さん イタリア在住20年。ミラノから約2年ぶり一時帰国コンサート@ノワ・アコルデ音楽アートサロンであった。
 プログラム 第1部
  バロック以前、イタリアルネッサンスの音楽の様相の変遷を演奏者自ら解説。
  @アンドレア・ガブリエーリ(1533〜1585) 52歳で没 
     イントナツィオーネ 英語にすれば、イントネーション 発音 まあ出だしの調弦か、教会でオルガニストが即興で試し弾きしていた歴史があるとのこと。
  Aジョヴァンニ・ピッキ(1571?〜1643)
     トッカータ 
  Bジョヴァンニ・マリア・トラバーチ(1575〜1647)
 カンツォーナ・フランツェスカ・セッティマ (クロマーティカ)
  フランス歌曲第7番 半音階
  Cベルナルド・ストラーチェ (1637〜1707)  ヨハン・セバスチャン・バッハが1750年没を持ってバロック音楽終焉に先立つこと43年前に没。
    パッサカリア 
    バレット 
 C番目のストラーチェは、ジローラモ・フレスコバルディ(1583〜1643)より54年後に生まれ、63年後に没。半世紀の違いがある。ストラーチェの音楽的位置は、ローマ・ナポリ派 『チェンバロとオルガンのための種々の作品集』唯一現存する作品集、ダンスや変奏曲などが収められている。
フレスコバルディは、フェッラーラで音楽教育を受け、ローマバチカンでオルガニストの地位を守り続け、トッカータ集 作品を編纂した。いわゆる「バロック音楽」が大バッハ没をもって約150年と区分されますが、多様な性質と様式の変遷の中で、彼はそのトッカータ集の中で、作品を演奏する際に、演奏家は、アフェット(情念や魂の機微・彩)が如何に重視されねばならないかを、序文において明文化したという解説も含めて拝聴。
 第2部は、イタリア製クッキーやチョコレートセットとドリンクが振る舞われ、別室控え室で八島さん学生時代からのお仲間がサービス。お客様もコートなしで歓談、くつろがれている光景に、こちらもリラックス。後半始まる前に次ぎなる催しのご案内。
 第2部は、照明をチェンバロ鍵盤、譜面と八島さんだけにスポットライト。そして曲名を書いたスケッチブックを譜面台において、二つ目のライトのみ。つまり、聴く側は否応なくその2点に集中。
いよいよ全曲フレスコバルディ

   トッカータ第7番 (トッカータ集 第1巻より)
   フレスコバルダのアリア 
    「オル ケ ノイ リメーア」の主題によるカプリッチョ (カプリッチョ集)
    100のパルティータによるパッサカリア
     ガリアルダ 第1番 (トッカータ集 第2巻)
    カンツォ−ナ 第1番 (トッカータ集第2巻)
     ロマネスカの主題によるパルティータ 
  
    イタリアバロック音楽の変遷と隣国の影響も受けた作品しかし、普段聴かない大変珍しい
  作品を集めたチェンバロリサイタルと言ってよいだろう。

 そこで、さて、いよいよ今日のサロンオーナーが聴いた見た本題。
  「なんと終音の響きが長いのだろう!? もちろんペダルがあるわけではないがまるでピアノのように残響があるではないか?」今日は、我が耳を疑い、何度も体験して確認した。残響3秒〜ヒョッとしてそれ以上!
  タイルが床タイルであるために、演奏家、特にチェンバロの方から、「ヨーロッパの石の響きと同じ」と好評いただいて面映いものでもあるが、あるがままなのである。
  八島さんは、10時30分頃からリハーサル。調律師さんのSさんも時間外からスタンバイ。
  筆者は、事務所や作業で動いていたので、調律師さんとの打ち合わせなど判らない。
   今日のとれとれの感想を感謝を込めて、調律師のSさんにまた、お訊ねしたくてたまらず電話した。
 「残響が凄く長くて、ピアノ見たいで、びっくりでした。音律は、なにをえらばれましたか?」「八島さんのリクエストに御応えしてさせて頂きましたが、リハーサル中に、半音階も入れておられ、また色々な和音を使われているので、音が濁らないように調律しました。」「それはどういう風にですか?」「本来の音律にプラスアレンジしました。」「へえ、プラスSさんアレンジですね(笑)」「笑 ハイ。そうですね(^_^)V」
「もちろん八島さんは、サロンでリハーサルをするなり、『ここは、ミラノで弾いてるのと同じ響きなので、有り難いんです〜』なんて言ってくださるので、有り難いですし、やりがいがあるのだな〜とほっとする瞬間です」「でも、弾き方の工夫で随分異なりますね」「そうですよね」
「判りました!今日はチェンバリストのリハーサルを黙して側で聴いている調律師が、色々な和音の彩りをすぐに察知して、言葉での打ち合わせはもちろんですが、単なる音律法注文選択だけでなく、繊細な耳から受け取る和音に濁りを取っていく、つまり、音のパレットに透明な彩りを作り出す二人の響きの成果だったのですね」
「そういっていただけて、とても嬉しいです。こんな調律ができて、幸せでした!何より八島さんのチェンバロ、ようく鳴ってました!」
  なんという素晴らしい調和の響きだろうか!フレスコバルディ様!いかがでしたか?
  そして裏方として、チケット受付、照明・録音のプロの友人、お茶の接待など沢山のお仲間が二年前と同じメンバーでされていたことも、素晴らしい!
  サロンオーナーとしても幸せな1日でした。 お元気でお洒落なご両親にも会えましたしね。(笑)
IMG_8852.JPG
IMG_8854.JPG
IMG_8857.JPG
IMG_8856.JPG

  

 

  
  
posted by きりん at 23:45| Comment(0) | サロンコンサート&公開レッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月23日

リチャード・ストルツマン RICHARD STOLTZMAN COPLAND /CORIGLIANO/BERNSTEIN & LONDON SYMPHONY ORCHESTRA LAWRENCE LEIGHTON SMITH Conductor

 @ジョン・コリリアーノ(1938年ニューヨーク生まれ) のクラリネット協奏曲 
A アーロン・コープランド(1900年ニューヨーク生まれ)のクラリネット、弦楽、ハープとピアノのための協奏曲 
Bレナード・バーンスタイン(1918年 マサチューセッツ州ローレンス生まれ)の「プレリュード、フーガとリフ」
アメリカ20世紀アメリカを代表する作曲家3人のクラリネットソロの作品が揃ったアルバム。1942年ネブラスカ生まれの天才的クラリネット奏者ストルツマンが演奏。
 ロンドン交響楽団 ローレンス・レイトン・スミス指揮 トロンボーン4人の中に、イギリス人で元ウィーンフィル首席トロンボーン。トロンボーンの神様イヤン・バウスフィールドも出ています!
録音年月場所が記録されていませんが、3曲ともよいです。佐渡裕さんのシエナ・ウィンド・オーケストラにもバーンスタインの「プレリュード、フーガ、リフ』が入っています。また lpで所蔵のベニー・グッドマンソロにも、この曲が収録されており、作曲家自ら指揮で聴けます。YOUチューブでも見られます。
 普段ジャズを聴かないものでも、レニーの、グッドマンのストルツマン達のジャジーなノリに魅せられます。シエナ・ウィンドの若い演奏もクオリティ高く驚きました。
 クラシックか否かジャンル分けでなく、聴いて見るとこの3曲、ジャジーなだけでなく、リリシズムあり、弦とハープ、ピアノ、管楽器が古楽のオリジナルを取り入れたり、またアメリカから生まれたリズムと旋律は正に20世紀の賜物であると感じました。
                                                                                                                                                                                              
リチャード・ストルツマン コリリアーノ、lコープランド バーンスタイン.png
コリリアーノ コープランド バーンスタイン .png



posted by きりん at 02:28| Comment(0) |  CD,LP,DVD 鑑賞のひととき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月19日

 歩いて服部緑地へ。 JCSO  日本センチュリーリハーサル ブルックナー4番ロマンティック 

春風が吹くような暖かい昼下がり。自宅から、昔ながらの集落を抜けて歩いてオーケストラハウスへ。
股関節も平地を早足で歩いても大丈夫で、木立の中をさくさくとブーツもまずまず履き心地よく。階段数えて30段は息切れもしないで上れました。 
リハーサルはブルックナー4番、 主に4楽章終盤。 金管全部大仕事です。三回も同じ所をされるのは、公開リハでは、なかったようにおもいますが、それほど入れ込んでおられる飯森マエストロ。
  ファーストヴァイオリンとヴィオラが同じメロディなのに、ボーイングが、ファーストヴァイオリンがアンダーからなのに、ヴィオラはアップからダウン。これは楽譜に書いてあるのかしら。懇親会で色々聴きました。書いてあるそうですが、マエストロの指示もあってのことと。コンサートマスターのお返事。
 下から上は緊張があるでしょうが、その緊張から生まれる音色に違いが。リハを聴いていて、マエストロの棒によって生まれるオーケストラの呼吸が伝わって、自分の呼吸も合わさってきます。

懇親会では、新入団の西川さんと二年目になる巖埼さんがハイドンを演奏。 近々リサイタルや室内楽をされる楽団員さんのアピールも沢山ありました。
  乾杯をして、近くの楽団員さんとブルックナーのこの曲のこと、昨年のオール豊中第九は、ティンパニー安永さんの演奏で、ベートーヴェンがうめいているような声に聴こえて、感動した体験は、第九でははじめてのこと。演奏直後に安永さんに其の事を伝えましたが、きょうはトロンボーンの三窪さんに。「安永さんは、声のように聴こえるのですよ。彼に言われたら喜びますでしょう」「そうなんですね」 終始笑顔で応えてくださいました。 世界のしょうない音楽祭で 地唄 越後獅子 を多楽器で演奏する 「越後獅子コンチェルト」でトロンボーンを弾いておられたので、その感想も聞き。 飯森さんには少しの時間だったので上手く伝わったかどうか。
松村さん 丸山奏さん、相蘇さん 池原さん 森さん、小川さん 弾楽さん 内藤さん 村田さん、 吉岡さん 水無瀬さん 三村さん 小曲さん、三窪さん 笠野さん 事務の椿本さん、山口さん 田中さん 望月さん。。。。。。
それに定期会員の方を交えての会話が弾みました。 




             
posted by きりん at 01:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月18日

京都大学交響楽団コンサートでの再会

長年行こうと思っていて、行けなかった京大オーケストラのコンサート。
サロンを応援してくださっている Mさんから、前日電話でのお誘いをいただく。
丁度空いていたので、行った。チケットを受け取ってエレヴェーターに乗ると左正面に声をかける人有り。サロンで
ペーター・シュミードル先生のレッスンを受けた学生さんのお母様。奇遇にびっくりの挨拶を交わしていたら、
右手後方から結構大きく声かける人有り。古楽演奏家のMさん。回りの方に恥ずかしいと思う間もなく、左右に首を振りながら、二言三言それぞれに交わすと、お二人の子供さんたちもクラリネットという奇遇さにまたびっくり。
 指揮は藤岡幸男さん。 美しき青木ドナウ なんて初めに持ってくるのが、また珍しい。ボーイングにかなり統一館あり。
202回目の定期公演だが、戦中戦後は大変だった事だろう、 
しかし戦争というものがなかったから、このように若い世代へと
と受け継がれている。
posted by きりん at 00:29| Comment(0) | コンサート聴き歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月03日

お正月三ヶ日 

除夜の鐘はないけれど深夜はお隣の不動院様護摩法要へ行く。元旦は近くの住吉神社と服部天神へ。
股関節痛めると立ち居振る舞いがたどたどしい。
 今年は旅行に行かないことにしていたので、おせち料理を楽しく作れたのが、嬉しい事です。 
 2日目はお隣のお母様とおせち持ち寄りお祝。気楽に和やかにお話できることが小さな幸せ。
 夜は親戚へ挨拶。お祝に薬草入りお酒を持って。90歳を超えた親族。 私の祖父母両親の年齢を遥かに超えて頭もしっかり、でも身体の痛みは肥大するようだ。 
  一回り下のRちゃん、疲れたのか寝不足でテレビをみんなで見ていても、うとうと。
 なので「会えて良かった。またね〜。」
  ご近所の健康体操に来られる人生の先輩へ、おせちのおすそ分け!三人の方にもらっていただけた。
喜んでいただけてこちらも嬉しい。
  写真は、いつも服の部分リフォームで大変お世話になっているUさん87歳と94歳最年長で一番姿勢よく
FullSizeRender 2.jpg

IMG_8620.JPG
IMG_8621.JPG
FullSizeRender.jpg

 力もあるSさん 
    今年も股関節を治してがんばります!
   
 
posted by きりん at 16:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする